2016年12月31日

当たれぇ〜っ

2016年も今日で終わり。
大晦日と言えば、そう。
年末ジャンボの抽選日です。(笑)

今年のジャンボ宝くじ戦績は
投入:¥45,000
回収:¥13,600 (年末は未確定)
グリーンジャンボとオータムジャンボで、¥5,000が1本づつ出ています。
最近、5桁の当たりがとんとご無沙汰です。
そこで、神頼み。
以前、長野山に向かう途中で偶然見つけた(気が付いた)のが
jijya161224a.jpg
宝作神社。
以前、わさびソフトを食べに行った、石船温泉のちょこっと先にあります。
ググってみると、TVにも取り上げられた様ですが
知らないよね。平日の昼間の放送なんて。
まっ、取り合えずお参りです。
階段下の手水舎でお清めして、石段を上ると
jijya161224b.jpg
こんなお社です。
だ〜れも居ません。ええ、クリスマス・イヴですから。
お賽銭を入れようと、入口の引き戸を少し開けると、当選祈願のお札が少し残っています。
お賽銭を少し追加し、頂いて帰る事に。
jijya161224c.jpg
あれっ?
宝作出雲神社って、書いてある!
しまった。
2拝2拍1拝でお参りしちまったぃ。
出雲さんなら、2拝4拍1拝やん。
あぁ、なんかご利益もらえなさそうな気がしてきた・・・。
軽くショックです。

そう、ショックと言えば、我が心のオアシス「すさり」の閉店。
11月にガイド様にアナウンスもらってたけど、実際に葉書が届くと
実感が湧いて来ました。
jijya161224d.jpg
こんな感じか?(一番高い飛沫は撮り損ねました。)
昨日、しゅんさん、きたさん、たいちゃんと、だべりに行って来ました。
BCとレギのオーバーホールを頼み、他の機材は全て持ち帰り。
中には、初めて我が家に持ち帰る機材も(笑)
まぁ、気長に春を待ちましょう。
待てば海路の日和あり。って事で。

では、皆様、良いお年を。
たま。拝
posted by たま。 at 10:49| 山口 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

スタッドレス交換ついでのイヤーカー

Ski Logと前後します。
当然、スキーにはスタッドレスに交換後行って来ました。
ええ、浜田道、冬タイヤ規制でしたから。
で、スタッドレス。
既に3シーズン経過&長距離通勤で過走行なので、サクッと新品へ
お買い換えなのですが、1つ悩み処が。
雪上、氷上性能なら、迷いなくブリジストンのBLIZZAK VRXなのですが
通勤だけで月3,400km。その上スキー場へも毎週近く通う使い方・・・。
長持ちをうたうダンロップのWINTER MAXX 02が気になって仕方ありません。
1ヶ月近く悩みに悩んで・・・ BLIZZAK VRX にしました。
やはり、止まる事が一番重要です。
(当然、WINTER MAXX 02もクムホやハンコックより遙に高性能ですが。)

今シーズン初滑りから遡ること1週間。
11月に既に購入済みのBS BLIZZAK VRXを後部座席に
ホイールに付けた古いスタッドレスを荷室に入れて
朝イチの10時に山口スバル周南店へ。
タイヤの組み換えはお隣のミスタータイヤマンが行うので
I課長がそのまま運んで行きます。
I「作業は1〜2時間くらいだそうです。」
た「じゃぁ、試乗します。」
で、借り出したのが
Imp161210a.jpg
IMPREZA G4 2.0i-S EyeSight。(酷い写真)
今年の日本カーオブザイヤー受賞車です。
コースは、お店から左折を3回繰り返し、R2へ。
永源山公園の交差点からR489へ入りR376との出会いまで行って帰る
アップダウンとコーナーの激しいコースです。

で、シートに座った印象は、レガシィに近づいた!
実は、先代インプのインテリアを踏襲している、現レヴォーグのチープな内装が
我慢できなかったんです。ワタクシ。
「えぇ〜、次、これ買うのぉ〜。」くらいの勢いで。
(レヴォーグユーザーの方、ごめんなさい。)
質感や空間感覚が現愛車のBRGに良く似ていて、落ち着きます。
最近っぽいなぁと思うのは、インパネから
Imp161210d.jpg
アナログの燃料計が消えて、デジタルの横バーになってます。
燃費表示、逸脱警報もここに表示されます。
先代から採用のマルチファンクションディスプレイも
Imp161210e.jpg
多機能&高精細になってます。
詳しくは、こちら
実際に走らせてみると、
@ 車体の剛性感(ガタピシ言わない)が高い
A CVTの動作音が小さくなった(独特の金属音が小さい)
B サスペンションの突き上げ感やふわふわ感が無い(ストロークに余裕がある?)
C きれいにラインに乗る(アクティブトルクベクタリング効果?)
D オートライトの反応が良くなった
E アイサイトの警告音が控え目になった
以上、良い点。
気になった点は、タイヤはダンロップSP SPORT MAXXの必要なし。
かなぁ。何でこのタイヤにしたんだろ?
レヴォーグとの大量購買で安いのかな?
同じダンロップなら、LE MANS4かVEUROの方が合ってると思う。
乗り心地重視に振った方が正解じゃないかな。
レギュラー仕様のFB20では、シャーシが遙に勝ってます。
FA20DITでちょうどいいかな。
脇道に車を寄せて
Imp161210b.jpg
撮り直し。
車体色は、ダークブルー・パールです。
オジサン世代にはガンメタが判り易いかも。
Imp161210c.jpg
十分に光が当たると、青っぽくでます。
このデザインなら、ピュアレッドもカッコいいかも。
カープが優勝したことだし。(笑)

交換作業は意外と早く終わり、試乗から帰って直ぐ戻って来ました。
さぁ、VRX。2シーズン持ってくれぇ〜。
毎年、¥115,000はキツイぞ。(タイヤ、工賃、処分費込み)
ちなみに、ミスタータイヤマンの仕事に一言。
Imp161210f.jpg
こんなタイヤの積み方したら、運転中に転がって気が散るだろ!
作業のし易さのみ優先かぁ!
きっと文句言うと、こう帰って来ます。
「お客様が降ろされる時に楽ですから。」
CSって、そうじゃないでしょ・・・。
posted by たま。 at 23:17| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

Ski Log 2017 No.1

夏ごろの長期予報で 「西日本を中心に寒い冬になる。」
とか、言っていました・・・気象庁のウソつき。

12/16(金)
やっと冬っぽくなりました。
Ski161217.jpg
山陽道、富岡トンネル付近です。
ちなみにこの日、山口南IC付近は追い越し車線閉鎖の交通規制の影響もあり、
高速道路に雪が積もってました。

翌、12/17(土)
Ski161217a.jpg
自宅の周りは、ボチボチ冷えてます。
今日を逃すと年内滑れないんじゃないか。と言う強迫観念に駆られ、慌ててスキー場に向かいます。
行き先は、ミズホハイランド。
中国道までは、路肩に雪もほとんどなかったんですが
Ski161217b.jpg
浜田道に入り、やっとそれらしくなってきます。
駐車場に着いたのは、7時半頃。前から3列目(注:2台1列)に止められました。
Ski161217c.jpg
目の前の車からは、東南アジア系にしか見えないオニイチャン達が下りて来ます。
どっかの大学生(広島ナンバー)かな。
米軍ちゃんと思しきオニイチャン達も多く、今日はずい分国際的です。
支度をしていてふと気付く。ニット帽が無い。
先シーズン後にネックウォーマー他とまとめて洗濯して、そのまましまったんだった。
仕方なく、売店で購入。¥2,300也。いらん出費じゃ・・・。
ゲレンデは
Ski161217d.jpg
ガスってます。つぅーか、雲の中。
ふと、前を見ると、しゅんさんが。今日は雪仲間と一緒の様です。
取り合えず挨拶して、クワッドリフトで山頂へ。
Ski161217e.jpg
ここだけ切り取るとイケそうですが
Ski161217f.jpg
やはり、まだブッシュが覗いています。まぁ、山頂にはICS無いからね。
まずはプルークから初めて、ゆっくりと体を慣らして行きます。
ええ、トシですから。
滑走可能なのは山頂のビーチと、ICSのチェスナットの2コースのみ。
Ski161217g.jpg
一応、ビーチは大半が天然雪なので、そこそこ気持ち良し。
ブッシュ、出てるけど。
何本か滑っていると、一瞬ですが
Ski161217h.jpg
雲の切れ間に青空が。
Ski161217i.jpg
あぁ〜、でもも少し青空出ないかな〜。
出なくても良いけど。日焼け止め塗ってないから。
1時間半滑って、コーヒーブレイク。
紙コップにプラスチックの蓋して運ぶ、コンビニカフェ(or 高速SA自販機)スタイルで、¥300也。
足の指をしっかりもんで、血の気を戻したら・・・痒〜ぃの。
休憩後、開いたばかりのスカイライン経由で、チェスナットへ。
Ski161217j.jpg
一見、雪がありそうに見えますが、厚さがあるのは
Ski161217k.jpg
青いポールの内側4m幅程度。
でも、米軍ちゃん(推定)、スノボで直滑降で雪の薄いところに突っ込み
大声で、FU○K!とか叫んでいます。
中学の英語の先生が
「バイキングが船上で聞こえやすい様な言葉にしたのが英語だ。」
とか言ってましたが、確かに良く届く。F○CK!
4m幅の30°斜面で、吹っ飛ばない様に小回りを多用して滑るせいか
単なる老化と運動不足のせいか、5回止まらないと滑り切れませんでした。
しかも、汗だく。
山頂に戻ると
Ski161217l.jpg
またもや真っ白け。
スピードを上げると、太ももがツリそうになって来たので、
もう1本チェスナットを滑って終了にしましょう。
それにしても、戦闘機の音がやたら聞こえるのは、FUC○!ニイチャン達のせい?
午前件(4時間)を20分残して終了です。

帰りがけ、例年通りにSNOW SHOP YASDAさんに板をチューンナップに預けに寄ります。
ご主人と世間話を少々。
中国地方西のスキー場、マジでヤバイところ多いみたいです。
その内、4つぐらいしか残らないんじゃないかとか・・・。
吉賀を回って、ゆららで一っ風呂浴びて帰宅しました。

とりあえず開始した2017シーズン。
今週末は雪不足の為、いきなり1回休みです。
行けるかなぁ〜、10日間。
posted by たま。 at 22:53| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

Dive Log 2016 No.14

北風で海は時化るのに、雪は降らない。
最低な週末が続いております。
今シーズンは、もう終わりかなぁ〜。

11月20日。(結構前)
天候:曇り。 気温:20℃。 風:W,1m。
波:1m。 水温:21℃。 透視度:〜8m。

自宅の周辺は割と天気良くても
Dive20161120a.jpg
鹿野IC付近でこんな感じ。もう冬の天気ですねぇ〜。

1本目。べぇい。
やっと入れた・・・。
エントリー前にコース取りをガイド様と相談。
タケノコ岩方面に駆け下りに沿って移動。
駆け下り〜砂地間の海藻が切れる辺りから引き返す感じでGO。
駆け下りの石の上に
Dive20161120b.jpg
3p程度に成長したミドリガイがいっぱい。
まさか、恋の季節?
石の隙間には
Dive20161120c.jpg
マヒトデのアルビノ(白子)。地味だけど珍しい。
駆け下り沿いはこれと言って珍しいものはなし。
チョウチョウウオなんか、チョコっと期待してたんだけど。
あっ、そうそう。
Dive20161120d.jpg
良く泳ぐマツカサウオ。すぐ岩の奥に逃げて行く。
砂地に出て砂の上をぶらぶら。
それにしても何〜んも無い。(手漕ぎボートが1艇沈んでたけど)
ミジンを探そうにも、缶も瓶もブンブク殻も見当たらない。
そんな中ビール缶に
Dive20161120e.jpg
居ました、ミジンベニハゼ。さすがガイド様。
でも、ライトやフラッシュが反射して撮り辛いこと。
帰り道はハゼタイム。
沖から水深10m位までは
Dive20161120f.jpg
ひたすらイトヒキハゼ。 もう、こればっか。
10m位からちらほらと
Dive20161120g.jpg
クサハゼ。 以前より分布域が広がってる?
個体数少な目ですが
Dive20161120h.jpg
ダテハゼ。 昔はべぇいのメインだったのに。
そして
Dive20161120i.jpg
クサハゼいっぱい。
Dive20161120j.jpg
ホバリングもしてます。 もう、撮り放題!
今年は多い
Dive20161120k.jpg
オドリカクレエビ。 べぇいにまで進出。
昔は、アカホシカクレエビもいたんだけどなぁ。
(あれっ、ハクセンアカホシだったっけかな。)
半ば埋もれたガイドロープのそばに
Dive20161120l.jpg
大マゴチがヒラメと並んでますが、砂と同柄で判りゃしない。
時々見かけていた、ハナハゼYGは
Dive20161120m.jpg
これで精一杯。 カメラが追えません。
たっぷり楽しんで、90分でエキジット。

2本目。ながいそ右タケノコ岩コース。
エントリーしたら寄り道せずにタケノコ岩へ。
ここにも居ます
Dive20161120q.jpg
オドリカクレエビ。
複数のイソギンチャクに複数匹。
砂の上でじっとしている
Dive20161120p.jpg
クロエリギンポ。
7月にはホバリングしてましたが、どてっと動かず近づくと砂の中に。
ミノカサゴの眼には
Dive20161120n.jpg
手の模様。もっと良く判る
Dive20161120o.jpg
イソカサゴ。
以前、すさり内でカサゴ目の眼のアップが流行ったっけ。
洞窟周辺で大型のコブダイ。
Dive20161120t.jpg
カメラで撮れず、毎度動画のキャプチャーです。
そして、ここでもガイド様のGOOD JOB!
Dive20161120r.jpg
ミジン登場。
瓶の外からライトを当てて撮影すると
Dive20161120s.jpg
あぁ〜、眼が緑に写らなぁ〜い。
せっかくのミジンがぁ〜。
ロクハチでもフードをかぶらなかったせいか、62分で結構冷えてエキジット。
まぁ、1本目が90分だったし。

せっかくミジンが見つかったのに、3週続けて週末は時化。
やっぱ、このままシーズンオフかぁ・・・。
明日、スタッドレスに付け替える予定だし。
posted by たま。 at 23:21| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

Dive Log 2016 No.13

不順な天候のせいで、10月は海に入れませんでした。
例によって遅いのでサラっと。

11月6日。
天候:晴れ。 気温:20℃。 風:NE,4→8m。
波:2.5m。 水温:21℃。 透視度:〜8m。
天気は良いものの、海況はイマイチ。
先月、海況不良で潜れなかったシーパラさんとご一緒。
今日は湾の外遠くには到底行けません。


1本目。天神島回廊。
回廊入口になんとか投錨し、シーパラさんは灯台側に。
しゅんさん、きむらさん、ガイド様、ワタクシは回廊へ。
水深は10m程度ですが、なぜかここには20m以深にいる
Dive20161105a.jpg
イイジマフクロウニが居ます。気を付けましょう。
壁沿いに進みつつ
Dive20161105b.jpg
ナガサキスズメダイや
Dive20161105c.jpg
ミサキウバウオを観察。
やや底揺れがあるので、写真は少々撮り辛い。
回廊入口の少し手前に
Dive20161105d.jpg
ヤマブキスズメダイ(たぶん)
2p前後でしょうか。写真は無理だったので、動画のキャプチャです。
波もあるので回廊には入らずに、そのまま引き返します。
安全停止で振られながら、53分でエキジット。

小休止を挟んで続けて行きます。

2本目。天神島灯台下。
もう、他のポイントはちょっとキビシイですね。
まぁ、灯台下なのでフリーな感じです。
さっきの回廊より
Dive20161105e.jpg
魚影が濃い。アジ、あじ、鯵。
浅場のガレの周りに
Dive20161105f.jpg
オヤビッチャが群れています。
皆さんが撮影に勤しんでいる間に、ちょい引いた隙間を見ると
Dive20161105g.jpg
チョウチョウウオ。
残念ながら、他の皆さんは気付かなかったみたいです。
意外と楽しんで、55分でエキジット。

久々のロクハチで10kgのウエイトに、腰にだるさの残る43日ぶりのダイビングでした。
さぁ、ボチボチ2016シーズンも終わりだなぁぁ・・・。
posted by たま。 at 15:04| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする