2017年08月06日

Dive Log 2017 No.1

すさりの休業に伴い、とんと海から遠ざかっています。
7月末になって、漸く始動。
それも自発ではなく、よっすぃに引っ張られ(笑)

7月30日。
天候:晴れ。 気温:30℃。 風:NW,3m。
波:0.5m。 水温:27℃。 透視度:〜10m。

よっすぃの職場のダイビングチーム(?)7名に混ぜてもらい
おニューの愛車に便乗してお店に向かいます。
今回、お世話になるのは、山口高校そばにある
Dive170730a.jpg
シーアゲインさん。
ほかのお客さん4名が乗ったお店の車について行き先は
山口県ダイビングのメッカ、青海島。
駐車場で料金¥500を払って駐車。
機材は台車に乗せてお店の方に運んでもらいます。
海水浴場側へてくてく歩いて向かい、ダイビングセンター(?)に荷物を預け着替え。
Dive170730b.jpg
海水浴場の観覧席(?)でセッティングです。
で、青海島の見た感じ。
うぅ〜ん。規模1/5の大瀬崎。ダイバーと海水浴客が半々です。

1本目。左の瀬。
玉砂利の砂浜からジャバジャバとエントリー。
フィンのブーツポケットに玉砂利が入るのが難点です。
海水浴場と共用ポイントの宿命で、浅い場所は濁ってます。
10m以深の砂地に転がるのは
Dive170730d.jpg
ハナガサクラゲの傘。生きてれば良かったのに。
ちょろちょろ泳いでる
Dive170730c.jpg
アカヒメジ。意外とヒメジ類が少ない?
で、今日の目玉のはずのハナイカの卵ですが
Dive170730e.jpg
ほとんどハッチアウトしてます。
ハッチアウト前の様子は、かおりさんのブログでご覧ください。
ハナイカは残念でしたが、驚いたのは
Dive170730f.jpg
クマノミ。
県内で見たのは、2008年の見島以来です。
8名の団体行動で、初心者も多いので、48分でエキジット。

昼食は炎天下のベンチでカレーライス。¥450也。
2本目はビギナーとベテランに分かれて行動します。
ベテラン組に引き込まれたヤング君。お気の毒に。

2本目。三角岩沖〜洞窟。
基本の目的地は洞窟なんですが、ベテランチームは寄り道たっぷりで向かいます。
Dive170730g.jpg
ソラスズメは成魚サイズ。威嚇してくるので抱卵中?
Dive170730h.jpg
オトヒメエビも成体サイズ。
この時期の定番は
Dive170730k.jpg
ダイバーに付き纏うイシダイ(YG)
青海島と言えばウミウシ(笑)
Dive170730i.jpg
ミチヨミノウミウシ
Dive170730j.jpg
アオウミウシ。
洞窟の近くでは更に種類が増えます。
Dive170730m.jpg
アオウミウシのCV。
Dive170730l.jpg
コモンウミウシ。
Dive170730n.jpg
サラサウミウシ。
Dive170730o.jpg
ユビウミウシ。
Dive170730q.jpg
オトメウミウシ。
Dive170730p.jpg
えぇ〜と、たぶん、クロシタナシウミウシ(CV)。
か、チギレフシエラガイ。
探せばまだまだ居そう。
で、件の洞窟は
Dive170730r.jpg
バディーのよっすぃバージョン。
Dive170730s.jpg
他のベテランチーム。
光の入り具合はGoodです。
上の写真で皆さんが見ていたのは
Dive170730t.jpg
タコで〜す。
海水浴場に戻った砂地に
Dive170730u.jpg
ヨウジウオ。
海水浴場には居て欲しくない
Dive170730v.jpg
オニオコゼ。
がっつり楽しんで、70分でエキジット。

機材を軽く洗い、体も軽く洗ってご精算。
現地解散で帰路に。

休憩所、機材洗い場、シャワー。
確かに伊豆半島辺りでは、こんなもんとは思うけど、
もう少し何とかならんかなぁ〜。
いかにすさりが楽かを痛感。
早ょう再開してぇ〜。
posted by たま。 at 15:09| 山口 ☁| Comment(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: