2016年12月10日

Dive Log 2016 No.14

北風で海は時化るのに、雪は降らない。
最低な週末が続いております。
今シーズンは、もう終わりかなぁ〜。

11月20日。(結構前)
天候:曇り。 気温:20℃。 風:W,1m。
波:1m。 水温:21℃。 透視度:〜8m。

自宅の周辺は割と天気良くても
Dive20161120a.jpg
鹿野IC付近でこんな感じ。もう冬の天気ですねぇ〜。

1本目。べぇい。
やっと入れた・・・。
エントリー前にコース取りをガイド様と相談。
タケノコ岩方面に駆け下りに沿って移動。
駆け下り〜砂地間の海藻が切れる辺りから引き返す感じでGO。
駆け下りの石の上に
Dive20161120b.jpg
3p程度に成長したミドリガイがいっぱい。
まさか、恋の季節?
石の隙間には
Dive20161120c.jpg
マヒトデのアルビノ(白子)。地味だけど珍しい。
駆け下り沿いはこれと言って珍しいものはなし。
チョウチョウウオなんか、チョコっと期待してたんだけど。
あっ、そうそう。
Dive20161120d.jpg
良く泳ぐマツカサウオ。すぐ岩の奥に逃げて行く。
砂地に出て砂の上をぶらぶら。
それにしても何〜んも無い。(手漕ぎボートが1艇沈んでたけど)
ミジンを探そうにも、缶も瓶もブンブク殻も見当たらない。
そんな中ビール缶に
Dive20161120e.jpg
居ました、ミジンベニハゼ。さすがガイド様。
でも、ライトやフラッシュが反射して撮り辛いこと。
帰り道はハゼタイム。
沖から水深10m位までは
Dive20161120f.jpg
ひたすらイトヒキハゼ。 もう、こればっか。
10m位からちらほらと
Dive20161120g.jpg
クサハゼ。 以前より分布域が広がってる?
個体数少な目ですが
Dive20161120h.jpg
ダテハゼ。 昔はべぇいのメインだったのに。
そして
Dive20161120i.jpg
クサハゼいっぱい。
Dive20161120j.jpg
ホバリングもしてます。 もう、撮り放題!
今年は多い
Dive20161120k.jpg
オドリカクレエビ。 べぇいにまで進出。
昔は、アカホシカクレエビもいたんだけどなぁ。
(あれっ、ハクセンアカホシだったっけかな。)
半ば埋もれたガイドロープのそばに
Dive20161120l.jpg
大マゴチがヒラメと並んでますが、砂と同柄で判りゃしない。
時々見かけていた、ハナハゼYGは
Dive20161120m.jpg
これで精一杯。 カメラが追えません。
たっぷり楽しんで、90分でエキジット。

2本目。ながいそ右タケノコ岩コース。
エントリーしたら寄り道せずにタケノコ岩へ。
ここにも居ます
Dive20161120q.jpg
オドリカクレエビ。
複数のイソギンチャクに複数匹。
砂の上でじっとしている
Dive20161120p.jpg
クロエリギンポ。
7月にはホバリングしてましたが、どてっと動かず近づくと砂の中に。
ミノカサゴの眼には
Dive20161120n.jpg
手の模様。もっと良く判る
Dive20161120o.jpg
イソカサゴ。
以前、すさり内でカサゴ目の眼のアップが流行ったっけ。
洞窟周辺で大型のコブダイ。
Dive20161120t.jpg
カメラで撮れず、毎度動画のキャプチャーです。
そして、ここでもガイド様のGOOD JOB!
Dive20161120r.jpg
ミジン登場。
瓶の外からライトを当てて撮影すると
Dive20161120s.jpg
あぁ〜、眼が緑に写らなぁ〜い。
せっかくのミジンがぁ〜。
ロクハチでもフードをかぶらなかったせいか、62分で結構冷えてエキジット。
まぁ、1本目が90分だったし。

せっかくミジンが見つかったのに、3週続けて週末は時化。
やっぱ、このままシーズンオフかぁ・・・。
明日、スタッドレスに付け替える予定だし。
posted by たま。 at 23:21| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック