2017年05月06日

憩いの室って何だよ・・・B

熱も下がり、残る症状は圧痛のみ。
他に悪い所も無く(自覚症状)、看護師さんに「元気な病人」と言われます。
いくら元気でも食事は取れませんが。

寝ている間に抜けかけたり、角度で点滴の速度が変わったりと何かと問題のある、手首の翼付静注針。
看「なんでこんな位置に刺したんでしょうねぇ。普通もっと中側にするのに。」
た「さぁ。」
「俺が刺したんじゃねぇよ。処置室の看護師に聞いてくれよ!」
と言う言葉は、言いたいけど黙っておきます。
えぇ、大人ですから。
翼付静注針は3日で交換なので、今度は手首と肘の中間辺りに変更してもらいます。
手首には何度も抜けかけを押し込んだ傷が残りました。
正しい位置は抜ける心配もないし、まぁ点滴の入りの良いこと。

4/11(火)
腹部の圧痛もなくなり、担当のO医師から
O「明日から食事を再開しましょう。」
のお許し。
絶食5日間。やっと栄養が口から取れます。
点滴のおかげで不思議と空腹は感じないのですが、周りの食事の匂いが結構苦痛でした。
なにしろ、元気な病人ですから。
癌で食道を摘出した父が、口から食事をする事にこだわっていた理由が、少しですが解った気がします。
続けて
O「退院は木曜と金曜のどちらが良いですか。」
た「早い方でお願いします。」
と、4/13(木)の退院が決定しました。

4/12(水)
ついに、121時間ぶりの食事です。
Keisitsu2017C-1.jpg
右上から、冷奴、裏ごしした缶詰の桃、具がお麩のみの味噌汁、3分粥。
噛む必要のないものばかりですが、消化器がすっ空かんなのと、よく噛んで食べる指示があるので、良く噛んで食します。
裏ごしした缶詰の桃も噛みました。
減量後のボクサーが最初に食事を取ると、吐き戻してしまう表現が良く見受けられますが、実際空の胃に食物を入れると吐いてしまうらしく、看護師さんに吐き気はどうかと食後聞かれます。
幸いに吐き気はゼロだったのですが、小腸がビックリしたらしく、せっかくの食事は15分ほどで体内を通過して行きました。
ちなみに、排便は4日ぶりです。
えぇ、食べてませんから。
食後、抗生物質の点滴を済ませたら、管理栄養士さんの食事指導があります。
栄「自宅に帰られたら食事はどなたが作られますか?」
た「自分です。」
聞いてはいけない事を聞いた様に、管理栄養士さん一瞬固まります。
た「で、どうすれば良いんですか。」
栄「この表の下が避けて欲しい食材、上が取って欲しい食材になります。」
ここでポイントとなるのが、低残渣。朝食のカードにも
Keisitsu2017C-2.jpg
ほらこの通り。低残と書いてあります。
要するに、憩室のある大腸に着くまでに未消化物が無い様にすることが大事だと言うこと。
未消化物が憩室に詰まったら、元の木阿弥ですから。
実際、再発率が高いそうです。憩室炎。
で、避けるべき食べ物。
牛肉、豚肉、イカ・タコ・貝類、きのこ類、海藻類、豆類、ナッツ類、果物(特にベリー類)、山菜、葉物野菜、繊維の多い野菜(ゴボウ等)、全粒粉パン、蕎麦、香辛料、アルコール。
なんだか、好物ばかりです。
た「お粥がメインなら、梅干しは。」
栄「裏ごしすればOKです。病院の献立表が参考になると思います。良く噛んで食べて下さいね。」
どうやら、お粥と卵と豆腐とササミと練り物の食事が延々続きそうです。
これが昼食。
Keisitsu2017C-3.jpg
茶色いのは、紅茶のゼリーでした。
通過時間は1時間と少し延びました。
夕食
Keisitsu2017C-4.jpg
ジャガイモとニンジンは、消化が良いようです。
通過時間は3時間。基本、ゆるゆるです。

4/13(木)
Keisitsu2017C-8.jpg
良く晴れました。
朝食は
Keisitsu2017C-5.jpg
5分粥になりました。
そう言えば昨日、管理栄養士さんが
栄「お粥は、3分、5分、7分、全粥と変えて行くんですが、5分までですねぇ。」
と言っていました。
ひょっとして、退院しちゃダメなの?ワタクシ。
O医師の回診で、大腸内視鏡検査を進められます。
O「人間ドックだと全負担ですが、治療の一環なので保険が効きますよ。」
た「じゃぁ、このまま居残って検査することはできますか。」
O「今日は無理なので、明日なら・・・。」
た「じゃぁ、一旦退院して外来で検査ですね。」
O「そうですねぇ・・・。あっ、でも今だと炎症が治まったばかりだから、内視鏡で刺激しない方が良いかと。」
先にそう言わんかぁ〜い!
O医師、ちょっと頼りないんですが・・・。
(ちなみに憩室炎で画像検索すると、グロい内視鏡画像がいっぱい出てきます。)
かかりつけの医師が、元々消化器内科医なので、今後はそちらに相談することにしましょう。
看護師さんが治療費の計算書を持って来てくれました。
¥82,026也。平日なのでカード払いOKです。便利なもんだ。
看「今後の経過観察診断はO医師から話がありました?」
た「いいえ。大腸内視鏡検査のお勧めはありましたが。」
看「聞いておきましょうね。」
そのままお昼
Keisitsu2017C-6.jpg
最後の病院食です。夕飯からは自分で考えて作らないと。
荷物を片づけ、服を着替えたら、ズボンがゆるゆるです。
えぇ、5日絶食、2日お粥ですから。
今後の経過観察診断の話は何もなく、ナースステーションに顔を出しても何も言われず。(O医師居たのに)
釈然としないまま、母親に退院の挨拶をし、会計を済ませて退院しました。
帰りがけマックスバリューで低残渣食材を買い込みます。
Keisitsu2017C-7.jpg
川沿いの桜は散り始めでした。
帰宅して荷物を片付けると、動きたくないくらい疲れています。
体力の低下は深刻な様です 

PS
1週間の入院で2kg体重が落ちましたが、3日の自宅療養で+0.5kg。2週間仕事して、−1.5kg。
仕事による疲労感はハンパなく、帰宅後に家事を片づけるのは中々の苦行でした。
このGWは休養のため殆ど出歩いていません。
よって、+1.5kg。
元に戻る日は、そう遠くない。
ちなみに、今も低残生活です。
posted by たま。 at 12:38| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする