2016年09月23日

Dive Log 2016 No.11

9月に入り、日本周辺を台風がうろついてます。
17号はそのまま大陸に向かうようで、ホッとします。
その1つ前。16号がやって来る前の1潜り。

9月17日。
天候:曇り。 気温:30℃。 風:NE,3m。
波:1.0m。 水温:24℃。 透視度:〜8m。

今日の同行は、すさリックスの皆さん。
3連休で泊まりの様です。(このところ”もるじぶ”泊の人と良く合う)
”はうすりーふ”に今年もハタタテダイがやって来ました。
それも、2匹。
浮遊物が多く、水上からは撮れませんでした。

1本目。ながいそ左。
着実に下がる水温。
確実にちぎれて行く9年目のウエットスーツ・・・。
(あと何本ウエットが持つやら。)
裂け目の多い下半身は、寒さが身(特に股間)に沁みます(笑)

駆け下りには
Dive20160917a.jpg
コロダイYG。
結構育っているので、へろへろ泳がずにさっさと逃げます。
ワタクシは駆け下りを降り切り、砂地を探索。
ぼちぼち、ハナハゼYGとか居ても良いのですが・・・居ませんねぇ。
代わりに、萩と言えばの
Dive20160917d.jpg
キンタロー(ヒメジ)
コバンヒメジとは黒点と黄色が逆の
Dive20160917c.jpg
タカサゴヒメジ。
ヒメジ科だから、美味いんかな。
ダンゴの根へずずいと進み、ムラサキハナギンチャクに
Dive20160917f.jpg
オドリカクレエビ。
前回2匹と思っていましたが
Dive20160917g.jpg
3匹いたのねぇ〜。
一番小さい個体が一番遠くて判んないけど。
誰かの伸ばした指に乗っかって、クリーニングをおっぱじめてます。
角質とかいっぱい溜まってるんかな。
それ、女性の手だけど・・・。
陸側のムラサキハナギンチャクは、今日も無人。
代わりに根のそばの白いスナイソギンチャクに
Dive20160917h.jpg
2匹。(あぁ〜この写真サイズじゃ判ら〜ん)
駆け下りに戻って
Dive20160917j.jpg
カザリイソギンチャクエビ。
大きくなった? 変わんね? 老眼には良く判りません(笑)
帰りは潮に乗って楽ちんです。
岩場が切れる辺りで、今シーズン初見の
Dive20160917k.jpg
ホンソメワケベラ。いつもより遅くね?
砂地と海藻ゾーンの境界辺りの砂の中に
Dive20160917l.jpg
コイツが隠れていました。
皆さんを呼ぼうとするも、どんどん先に行かれちゃってます。
仕方なく(?)代表でワタクシが観察。
Dive20160917m.jpg
オニオコゼ。(動画からの切り出しです)
深追いはせずに、皆さんに追いつき75分でエキジット。

2本目。深まてかたビーチ。
行先はサンゴイソギンチャク方面。
「ブイの辺りにチョウチョウウオが居ましたよ。」
とガイド様に聞いて、先に行って探してみますが、不発。
代わりに水面近くに
Dive20160917n.jpg
イワシの群れ。ブルーメタリックの魚体がかっこ良い。
写真は相変わらず判り難い。
砂地からふらふらと、なぜか先頭に立ってサンゴイソギンチャクへ。
ここでも見れます
Dive20160917o.jpg
カザリイソギンチャクエビ。
もう、そこら中のイソギンチャクに。
コンデジでは思うほど寄れないので、飽きて変わったもの探し。
デジイチ2名は、這いつくばって動きません。
変わったものは居なかったので、エビつながりで
Dive20160917p.jpg
サラサエビ。
だんだん、大きくなって来ました
Dive20160917q.jpg
ヒメオオミアミ。
うぅ〜ん、Lumixではこれが精いっぱい。
ちなみに、岩の隙間に
Dive20160917s.jpg
コブダイが隠れていたのに、みんな気付いただろうか。
誰でも気付くのは
Dive20160917r.jpg
毎度お馴染み、コケギンポ。
たっぷり撮影タイムを撮り、砂地へ。
Dive20160917t.jpg
キイロウミウシが散歩(?)中。
砂地口で700本の記念撮影を行い、ガイド様とがっちり握手。
チョウチョウウオ探して浅場で粘ったせいか
91分の今シーズン最長DTでエキジット・・しようとしたら
Dive20160917u.jpg
ここにもハタタテダイ。
漁港でも見かけるらしく、今年は当たり年?

10周年で400本。9年かけて+300本。
このところペースは落ち気味なので、年30本推移かなぁ。
1000本達成は、還暦よりは早くなりそうです。(笑)
posted by たま。 at 23:20| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

Dive Log 2016 No.10

やっと追いついた。
先週の話だけど。

9月3日。
天候:曇り。 気温:30℃。 風:W→NNE,2m。
波:0.5m。 水温:25℃。 透視度:〜10m。

今日の同行は、ダイビング合宿の奥ちゃんご一行と、だいだい&ろでーむ。
その他にショップさんもいたので、結構な人数。
ダイビング屋さんみたい (笑)
体験扱いが2名居るので、ガイド様はそっちの面倒。
よって、今日はバディーをきっちりと。
ワタクシに引っ張り回される犠牲者は、グーパーで、とみーに決定。

1本目。深まてかたビーチ。
準備ができ次第、バディー単位で砂地まで移動します。
エントリー口の浅場にも
Dive20160903a.jpg
ソラスズメダイがいっぱい。
砂地でしばし皆さんの到着を待ちます。
一応、ブリーフィングで砂地からゆっくりとステージを回って。
と決まっているのでそれに合うように動きます。
砂地もゆっくり回ります。
Dive20160903b.jpg
威嚇してくるニジギンポや
Dive20160903c.jpg
逃げてゆくコバンヒメジ。
隅っこにちょろちょろと
Dive20160903d.jpg
メイチダイの幼魚。
砂地奥から左に折れてステージに。
残念ながら季節来遊魚は見つかりませんでした。
ふと見ると、バディー以外に誰も居ない・・・。
まぁ、仕方ない。
気にせずに予定通りステージを一周します。
砂地奥に戻ると、みんなでタコを虐めています。
どうやら、体験組のクモヒトデ娘(そぉ言えば、名前知らない(笑))の
リクエスト通り、クモヒトデで盛り上がっていた様です。
東側の根で
Dive20160903e.jpg
コケギンポを突っつきます。
Dive20160903f.jpg
赤いのも。
皆さん、砂地奥から動きそうにないので、バディー連れてオヤビッチャの根へ。
前回(8/17)結構いたオヤビッチャは1匹も見当たらず
Dive20160903g.jpg
オジサンの幼魚発見。
そのまま砂地に戻ると、ほどなく皆さんも到着。
ゆっくり戻って、体験連れなのに79分でエキジット。

2本目。ながいそ左。
まだ、前回のアンドンクラゲの恐怖が残っています。
だいぶ減ったと言うことですが、波打ち際には・・・、ギャァ〜居た!
って、数匹か。(ほっ。)
駆け下りで記念撮影をして
Dive20160903o.jpg
観察を始めます。
今日もながいそには
Dive20160903j.jpg
アジがいっぱい。
その先の浅場には
Dive20160903i.jpg
スズメダイが混じってきます。
以前はアカオビハナダイがちょろちょろ混じっていましたが、今赤いのは
Dive20160903h.jpg
イトヒキベラ。
今回もバディを連れて皆さんから離れます。
目的はダンゴの根の確認。ぼちぼち居るんじゃないかな。エビ。
岸側のムラサキハナギンチャクは空振り。
沖側のムラサキハナギンチャクには
Dive20160903k.jpg
居ましたぁ〜、オドリカクレエビ。しかも2匹。
バディに教えると大きく頷いています。
しばし撮影の後、駆け下り側へ。
その途中で
Dive20160903l.jpg
シュンカンハゼ。これはバディーは判らなかった模様。
途中にもひとつ
Dive20160903m.jpg
ナガサキスズメダイ。こっちは判ったみたいです。
5mラインを流して皆さんと合流。
ここからは、皆さんに合わせて移動です。
1本目にオニオコゼがいたようですが
Dive20160903n.jpg
2本目はオニカサゴです。
砂地に戻りエキジットに向かうと、また皆さんが付いて来ません。
まぁ、気にせずに69分でエキジット。

ログ付けでバディーに、「これ見たよね?」と聞いてみたら
オジサンとオドリカクレエビに気付いてなかった様です。
そこ、重要
posted by たま。 at 21:52| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

Dive Log 2016 No.9

今日もサクっと。
(そのうち追いつきたいな・・・。)

8月17日。
天候:晴れ。 気温:31℃。 風:NNE,4m。
波:1.0m。 水温:26℃。 透視度:〜10m。

1本目。ながいそ左。
いつも通りにセッッティングして、いざ海に入ると一面に広がる
Dive20160817a.jpg
アンドンクラゲ。
水面から30pにびっしり。
もう、少しでも深く潜るしか逃げる手がありません。
途中の海藻ゾーンには
Dive20160817d.jpg
アイゴ幼魚の群れがちらほら。
ダイビングではあまり見かけない
Dive20160817e.jpg
スズキ。(サイズ的にはフッコかな)
駆け下りに着いたら
Dive20160817f.jpg
一面、アジ。南蛮漬けサイズ。
サンゴイソギンチャクに今年も無事に
Dive20160817g.jpg
カザリイソギンチャクエビ。
まだまだ個体が小さく、ワタクシのLumixではこれが精いっぱい。
岩の窪みには
Dive20160817h.jpg
シュンカンハゼ。
ソラスズメダイYGも見え始めましたが、上手く撮れず。
エントリー口に近づくと、アンドンクラゲが気がかりです。
そんな中で
Dive20160817j.jpg
アオヤガラを見つけましたが、追いかけようとする行く手を阻む
Dive20160817b.jpg
アンドンクラゲ。
あきらめて皮膚の出ている顔をガードしながら65分でエキジット。

2本目。深まてかたビーチ。
さすがに、ながいそ右とか言う気がしないですよね。
なぜか、こちらのアンドン密度は低し。
安心してエントリーできます。(笑)
本日はサンゴイソギンチャクコース。
途中の岩には
Dive20160817k.jpg
ソラスズメダイ。こっちの方がながいそより断然多いですね。
ちょろちょろ動くので、もちょっと寄れるか
Dive20160817l.jpg
これが精いっぱい。
いいんだ、水中メモなんだから。
Dive20160817m.jpg
イトフエフキは大きいのから幼魚まであちこちにいます。
沖の根方面に移動中、ガイド様が
Dive20160817n.jpg
エチゼンクラゲを発見。
うわぁ〜、何年振り?
北京オリンピックの年に居ないねぇ〜?と言って不思議がって以来とか・・・
むむっ、日本の漁業者をイジメる中●の陰謀か!?
ガイド様との対比で
Dive20160817o.jpg
サイズが良く判ります(笑)
そのまま、ステージ経由でオヤビッチャの根へ。
Dive20160817p.jpg
今年も、無事に到着した様です。
砂地に戻り
Dive20160817r.jpg
アカエイのチビをそっと見守る(?)ガイド様。
そんなこんなで、76分潜ってました。

とにもかくにも、アンドンクラゲの大群に肝を冷やした1日でした。
700本近く潜っていて、恐怖を感じたのは始めてかも。

帰り道。
友人のお墓参りに、たまたますさりで一緒になった
かおりさんと足を運びます。
まぁ、この日に一緒になったのも、ご縁ですから・・・。
posted by たま。 at 18:33| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする