2016年02月29日

Ski Log 2016 No.5

2月も終わりですねぇ〜。
なのに、やっとこNo.5。
今年はノルマの10は無理ですな。

2/21
Ski160221a.jpg
あったかいんだからぁ。(古っ。)
職場の若いのが、「たま。さん、日曜はミズホで待ってます。」
と言うので、珍しく日曜日に出撃です。(まぁ、土曜日雨やったし。)
とは言っても、彼らの家とワタクシの家は、どえらい離れているので
まっ、現地で会えたら程度。
だいいいち、オヂサンの早起きに着いて来られるとは思えんし。
広島道に入った辺りから山が白くなり始め
Ski160221b.jpg
浜田道、大朝IC付近。
瑞穂IC手前の猪子山トンネルを抜けると
Ski160221c.jpg
走行車線以外は真っ白け。意外と降ってたのね。
夜明けも早くなったので、ゴンドラ運転は7:30から。
1人レーンでスイスイ登り
Ski160221d.jpg
うぅ〜ん。天気も雪も、まあまあかな。
根雪(雨でだいぶ融けただろうなぁ)の上に10cmの新雪。
Ski160221f.jpg
意外と良いかも。と滑り出すと・・・おっ、重っ!
流石に雨から変わった雪は、湿気たっぷりでした。
まぁ、今シーズンはしょうがないか。贅沢は言うまい。
Ski160221e.jpg
朝イチなら樹氷も残って景色も良いし。(気温-3℃)
ビーチを3,4本流してバレーサイドへ。
予想してましたが、ビックモーニングは無圧雪。
Ski160221g.jpg
ボコボコです。
でも、まだ、固くないので何とかイケます。
バレーのベースまで降りたら、タタミへ。
Ski160221i.jpg
良かった、今シーズンは滑れず終いかと思った。タタミ。
タタミ3本とビックモーニング1本のローテで周ります。
Ski160221h.jpg
山頂クワッドからの景色もマズマズ。
でも、流石に3周まわると(19km)ばてばてです。
コーヒーブレイクを入れて、もう一回り。
スキーも20日ぶりだし。
湿雪が踏み固められて、かなり高速バーンになって来たし。
ボチボチ、帰ろうかなぁ。と思いハイランドへ。
まだ柔らかい雪を楽しみながら、ふとスカイラインコースの入り口を見ると・・・
おっと、本当に居ました、職場の若いの3人。
聞くと、一緒に来るハズだったもう一人が、いつまで経っても現れず。
電話もLINEも繋がらず、出発が1時間遅れ10時過ぎに着いたそうな。
若い人っぽいよね。オヂサンはほっといても目が覚める・・・。

2人がFREEの板で1人がボードです。
スカイラインを一緒に滑ると、パークのウォールで飛ぶ飛ぶ(笑)
オヂサンには到底付いて行けません。
そのまま別れて、チェスナットを滑って帰る事に。
Ski160221j.jpg
えぇ、無理はしません。日曜日ですから。
で、車に戻って、ふと、気付く。
着替えのズボン忘れた・・・。
スキーウェアのパンツで帰らないと。
これじゃぁ、温泉にも寄れません。
しぶしぶ、直帰。
運動後の足元ポカポカ運転が、猛烈な眠気 を催したことは言うまでもない。
そして、月曜日。終日ダルかったことも、言うまでもない・・・
posted by たま。 at 23:21| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

で、ソバの問題

仕事の都合でちょくちょく足を運ぶようになった富士宮。
そして、とっても有名な富士宮焼きそば。
でも、ワタクシが食せていたのは、前にもネタにした
FujinoK1511j.jpg
これ。
全く納得いかないでいたら、ある人が地元の有名店に連れて行ってくれました。
お好み食堂伊東さんです。
行列の出来る人気店のようですが、訪れたのは平日の閉店間際。
お客はワタクシ達だけです。
焼きソバが出来るまで
Fujino1511g.jpg
静岡おでんとビール「SAPPORO静岡麦酒」を楽しみます。
サッポロビールの工場が静岡(焼津市)にあるので、地元限定品のようです。
静岡おでんは、魚粉と青海苔がかかっている以外は、まぁ、おでんです。
特徴の黒はんぺんは、子供の頃給食に出ていたイワシのハンバーグを思い出しました。
で、程なく
Fujino1511h.jpg
念願の、正調 ”富士宮焼きそば” (五目焼きそば)登場。
前、白糸の滝のそばで食べたものとは似ても似つかない、ソースが主張し過ぎない焼きそばでした。
これなら、まぁ、名物で良いかなぁ。
どうこう言っても焼きそばですから。
過度な期待は禁物です (笑)

で、も一つのソバが、お蕎麦。
やはり日本の半分から東側。
うどん屋は見当たらず、代わりに蕎麦屋が結構あります。
(ちなみに市内の丸亀製麺は、食中毒を出した店舗らしい・・・)
何も調べずにふらっと入ったのが、手打ちそば蕎友館
入った理由、隣のセブンイレブンに行くついで (笑)
頼んだのは、季節の天ぷら舞茸せいろ(並)¥1,250也。
並と上の違いは
Fujino1511b.jpg
天ぷらが皿に乗っているか、麺に乗っているかの違いの様です。
てか、ぶっかけ蕎麦やん。
では、早速、ずぅ〜、ずぅず〜ぅっ。
あっ、美味い。
麺に太さのバラツキがなく、ほど良いのど越し。
出汁もあっさり上品(京都の料亭で修行がどうとか書いてあったな)です。
しまった、これならちゃんと、別々の器に入った”上”にしとけば良かった。

更に、もう1軒。
お好み食堂伊東に連れて行ってくれた人が、「ここ絶対です。」
と言って連れて行ってくれたのが、そばの実一閑人
だったんですがぁ、休日の13時過ぎで、「麺がなくなり次第終了します。」
の、終了が来ちゃってました。
そこで、再び地元のクチコミ(職場で聞いた事がある)頼りにUターン。
(結構、郊外です。一閑人)
富士宮浅間大社近くの、そば処キ八さんへ。(キは七が3つ)
全員、お勧めの”天ぷら蕎麦”を頼みます。
蕎麦茶を飲みながら待っていると
Fujino1511e.jpg
ど〜んと出て来ました。
なにが”ど〜ん”かと言うと、天ぷらの量。
上から撮ると判り難いんですが
Fujino1511f.jpg
山になってます。(笑)
蕎麦の量も結構多く、これで¥1,300也。
では、ずぅ〜、ずぅず〜ぅっ。
おっ、美味い。
蕎麦も天ぷらもレベル高し。
これで食べログにもぐるなびにも乗ってないなんて。
隠れた名店(大げさか)ですな。
ちなみに、同行の3人ともがっつり満腹になりました。
後日、クチコミ教えてくれた人に
「美味しかったですよ、キ八。」
と言ったら、
「どこ?そこ。」
って言われたそうな (笑)

どうやら富士宮は、ソバの街の様です。
それにしても気になる、一閑人。
行ってはみたいが、週末にひっかけてでないと、ちと苦しい。
なにせ、駅から16km・・・。
posted by たま。 at 22:56| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦喰い漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

Ski Log 2016 No.4

寒波が来た!
と喜んでたら、雪がなくなりそうな雨と気温・・・。
当然、今週もお休みで、古い話です。

1/30
外気温計の写真を忘れましたが、暖かい朝です。
先週の寒波で上積みが出来たので、雪のある内に芸北国際に行ってみます。
いつもの様に高速を加計スマートICで降りて、R186を北上するルート。
途中の王泊ダムも
Ski160130a.jpg
流石に凍結したままです。
まぁ、麓の加計でも-7.0℃だった訳ですから。
プラスの気温で雪のかけらも無い道を順調に進み
Ski160130b.jpg
駐車場へ。掛頭山の山頂付近がかなりガスってます。
今日はアヤシイ消防隊(解散したやろ!)の新年会なので、4時間券です。
ガスってるなぁ〜と思っていた掛頭山頂は
Ski160130c.jpg
こんな状態。
透視度15m。(海なら良いんだけどねぇ。)
ただ、標高1,000mを切る位から
Ski160130d.jpg
ガスが消滅します。
あぁ〜、これガスってか、雲だわ。
天候が  に変わらない限り、回復しなさそうです。
てことで、カケズコースも
Ski160130e.jpg
こんな状態。
雪は凍って硬いし、視界は悪いし、スピードに気をつけないと。
(と思っていたら、次の週に痛ましい事故があった様です。)
でも標高が下がると
Ski160130f.jpg
視界は回復。んでもって、雪はゆるゆる。
正直、足腰に堪えます。
休憩を挟んで次第に雲も切れ始め
Ski160130g.jpg
こんな感じに。
マズイな、日焼け止め塗ってないし。
でも、リフト待ちもないので、ガンガン行くオヂサン(笑)
Ski160130h.jpg
カケズも抜けて来ました。
人もほとんど居ません。
滑り放題!
4時間券を30分残し、脚がプルプル。
フッ飛んで怪我しない内に
Ski160130i.jpg
定位置撮影して終了です。

帰りも加計スマートICから高速に乗ってみました。
加速車線も一応ありますが、前のミニバンはいきなり本線合流しました。
本線走行中にいきなり時速30〜40kmの車が入って来たら、普通ビビリます。
今度から戸河内から上り線を通る時は気を付けよう。

アヤシイ消防隊の新年会は、近況報告を肴に大盛り上がりでした
会社は無くなっても、まだまだ続けて行く事で満場一致。
次は、Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島かぁ!

追伸。
芸北国際での事故は、ネットを含めいろんな話が飛び交いましたが、
多分、これが一番真実に近いのでは。
スピードは状況に応じて、保険も忘れず入りましょう・・・。
posted by たま。 at 23:44| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする