2015年11月24日

思わぬ紅葉 後編

R300沿いの本栖館ってレストランの駐車場から
FujinoK1511l.jpg
紅葉越しの本栖湖が見えます。
この辺りで標高は910mくらい。
もう、枯葉になっていると思ってましたが、どうやら遅れている様です。
(そう言えば白糸の滝周辺も標高500m位あるっけ)
思わぬ光景に、湖を一周してみることにします。
FujinoK1511m.jpg
紅葉した木々の間を抜けるドライブは快適!なのはつかの間。
すぐに1車線で、濡れた落ち葉の積もった道へ。
しかも、対向車も、自転車もそこそこ走ってて、離合に気を使います。
無事、浩庵テント村に到着。振り返ると
FujinoK1511n.jpg
この絶景。(富士山は雲の中ですが)
周りの山もしっかり紅葉。
FujinoK1511o.jpg
なんだか、久しぶりにちゃんと紅葉を見た気がします。
そのまま一周しR139へ戻ります。
途中、道沿いの青木ヶ原では溶岩の上に育った木々の紅葉が綺麗ですが
フロントガラス越しでなくドア越しに撮影したので、景色が流れて上手く撮れませんでした。
残念。
続いてお隣の精進湖は
FujinoK1511q.jpg
あれっ、何か沼みたい。
水深もMax15mと浅い(本栖湖はMax120m)し、バス釣り客がウヨウヨいて興ざめです。
ちなみに、精進マウントホテル前の駐車場が富士山撮影スポットのようです。
おばちゃん達に混じって、一瞬見えた山頂をパチリ。
FujinoK1511r.jpg
少し、冠雪したようですね。
ぐるっと回ってR139へ戻り、道沿いの鳴沢氷穴の看板に25年ぶりに足を運ぼうかと思いましたが、我慢して西湖方面へ。
野鳥の森公園付近の道は
FujinoK1511s.jpg
紅葉で気持ち良いんですが、天気がかなり怪しくなって来ました。
湖北ビューライン途中からの風景は
FujinoK1511t.jpg
だいぶ、どんより。
晴れていれば、こちらも絶景だったはず。残念です。
湖北ビューラインをそのまま走って河口湖へ。
ここまでで燃料計はやっと1目盛り減っただけ。
このままでは、返却時給油不要コースが大損になりかねません。
ここは、一つ。河口湖大橋から御坂みちを抜け
甲州街道(R20)で八ヶ岳方面を目指すか。
青梅街道(R411)で懐かしの青梅市に向うか。
いっちょ行ったろかい!と県道707号に乗った途端
FujinoK1511u.jpg
渋滞だよ。河口湖大橋。
橋を渡るのに25分かかり、長い田舎暮らしで渋滞の耐性を無くしたワタクシ
あっさり諦めて、R137に戻り山中湖を目指します。
でも、こっちの道も混んでるぅ〜。 ギャァ〜〜〜ッ!!
車が止まるのがイヤで、富士吉田の北口本宮冨士浅間神社をスルーし、忍野八海もスルー。
まぁ、どうせ天気悪いですから。
(綺麗な水は光があってこそ美しい。)
やっと辿り着いた山中湖は
FujinoK1511v.jpg
鉛色の空を映して、波だってます。
気温は10℃切ってるし。(標高約1,000m)
あっ、雨降って来た・・・。
午前中の良い気分が台無し。
カフェでお茶する気も起きず、とっとと撤収。
このまま、御殿場から沼津に抜けて柿田川にでも。と思いましたが、忍野八海と同じ理由でヤメ。
でも、ガソリンもまだまだあるので
FujinoK1511w.jpg
登って来ちゃった三国峠@芦ノ湖スカイライン(笑)
久々の箱根道でちょこっと燃えます。
FujinoK1511p.jpg
1500ccのインプだけどねっ(笑)
富士五湖周辺より少しだけ天気もましで、芦ノ湖展望公園から
FujinoK1511x.jpg
芦ノ湖がぎりぎり見えます。16時過ぎですが。
ちなみに、視線を少〜し北に振ると
FujinoK1511y.jpg
大涌谷の水蒸気(噴煙?)が絶賛噴出し中です。
山を降りて行くと、所々、通行止めの標識が立っています。
とは言っても、大涌谷に行けないだけで、その周辺は観光客いっぱい。
千石原のススキの遊歩道にも人がいっぱい。
FujinoK1511z.jpg
17時近くてもう薄暗いのに。
久々の箱根に、道に迷いつつ(ナビを見ろよ・・・)なんとかR1に辿り着き
ひたすら道なりに進んで、無事20時に車を返却しました。
結局、使ったガソリンはタンク半分。
半日レンタルで返却時給油不要コースを選択するのは、損になることが判りました。
フロントの女の子の笑顔に引っかかったワタクシの負けです。

閑話休題。
じっとしているのがイヤでうろついた富士山周辺。
思わぬ紅葉見物が出来て、まぁ良かったと言うことにしておきましょう。

PS
箱根山警戒レベルは11/20に”1”に引き下げられた様で、まずは良かった。
posted by たま。 at 23:30| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

思わぬ紅葉 前編

11月に入り、仕事の研修で富士宮に行っておりました。
途中、土日を挟んでいたので、宿舎(独身寮)でゴロゴロしてるのもナンなので、レンタカーを借りてぶらぶらすることに。
レンタカー屋が富士宮にはなく、身延線で富士へ行く必要があります。
が、まずその前に。
富士宮に居るなら、ここには行っておかないと
FujinoK1511a.jpg
富士山本宮浅間大社です。
宿舎から徒歩で向ったんですが、さすが富士山の麓。境内を囲む石積みが溶岩です。
ちなみに、徳川家康の命で建てられた本殿は重要文化財。
FujinoK1511b.jpg
主祭神である、木花之佐久夜毘売命(古事記によれば、たいへんな美女だそうです)にあわせてか、朱塗りの綺麗なお社です。
社のそばには、特別天然記念物の湧玉池があり
FujinoK1511c.jpg
カモがたくさん居ます。手が届くほど近付いても逃げません。
富士山の伏流水が水源であることが、
FujinoK1511d.jpg
岩の隙間から迸る湧水で、判り易く感じます。(写真は判り難いですが)
水も非常に綺麗で
FujinoK1511e.jpg
水面に波紋がなければ、カモが浮いて見えるはずです。
そうそう、御神体の富士山は
FujinoK1511f.jpg
レンズ雲がかかってます。

土曜日使うものを金曜日に手配しようとしたせいで、狙ってたFT86は無理。
だったら何でも良いので、新富士駅周辺のレンタカー屋に適当に入ることにして富士駅で降ります。
そう、富士駅から新富士駅間は、鉄道が通ってません。
バスは30分に1本。歩くと25分(by Googleマップ)。面倒くさいので、タクシー乗り場へ。
利用客増加対策か、土日祝は片道¥500です。(料金メーターは¥1,000近かった)
車寄せから見えるニッポンレンタカーで、すぐ借りれる、慣れてるスバル車。の条件で前の型インプレッサ(1500cc)をレンタル。
12時間、返却時給油不要コースで¥14,000也。富士宮に引き返します(笑)
USBオーディオが繋げると書いてあるので、ケーブル取りに寮へ寄ってから世界文化遺産”白糸の滝”へ。
(ちなみにiPodやWALKMANは繋げる様ですが、WALKMA機能付きXPELIAはNGでした)
使われていない駐車場の先、展望台から見下ろすと
FujinoK1511g.jpg
こんな感じ。
そこから遊歩道を降りて行くき、手すりの先まで行くと
FujinoK1511h.jpg
こんな感じ。
1番太いのが元々の川。後は岩から噴出す湧水です。さすが、天然記念物(今日2件目)。
紅葉ピークまで2週間てとこでしょうか。でも、外国人含めそこそこ観光客居ます。
時間も11時を過ぎ、小腹が空いてきました。なので、富士宮と言えば焼きそばでしょう!
てことで、幟の立っているお店へ入って見ます。
FujinoK1511j.jpg
これが、出てきた焼きそば。
やや太めの麺(指定製麺所製)で上に魚粉がかかってます。
ソースは店によって異なるようですが、ここのはお好みソースの匂いがプンプンします。
まさか、静岡まで来て、おたふくソース!?
食べると、ソースに甘みがないので、どこか別のお好みソースのようです。
微妙に納得できないまま、完食。
(姫路の駅そばと言い、どうもスッキリせんなぁ〜。)

返却まで残り10時間。ガソリンほぼ満タン。
走らにゃ損ってことで、このままR139を通り、富士5湖巡りに向う事にしました。
先ずは一番近い、本栖湖を目指します。
R139沿いは
FujinoK1511k.jpg
一面のススキと潅木の原っぱが広がります。(放牧地のはずですが)
原っぱが途切れた先が本栖湖への入り口です。

以下、後編へ。
posted by たま。 at 22:58| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする