2015年04月22日

アヤシイ消防隊 春の遠征○○登り その3

4/5
思った通り、朝から雨。
昨日変な力が加わった左膝が泣きそうに痛みます。
ただ、足はぶらぶらしないので、靭帯が切れてはいない様です。
耐えましょう。

値段の割りにはかなりまともな朝食を食べつつ、予定の変更を協議。
北熊本SAに置いてあったパンフを見て、みんな気になっていた
サントリー九州熊本工場 へ、試飲目当てで行ってみることに。
見学開始は10時からとかなり時間があるので、下道をとことこ行くことにします。
で、気付いた事。
八代周辺は、ガソリンが安い!
現金飛び込みで、レギュラーが125¥/L!
(なんと、セルフではない。)
会員なら更に3¥は安い ・ ・ ・ いいな。
9:40、到着。
kumamoto150405a.jpg
事前予約なしなので、どうかなぁ〜と思いながら守衛さん聞いてみると、笑顔でOK。
kumamoto150405b.jpg
本日来場1番乗り(笑)
KG隊員とKM隊員に、プレミアムモルツ飲み比べセット(プレモル,香るプレモル,マスターズドリーム各2本)と引き換えにハンドルキーパーをお願いします。
入って直ぐ
kumamoto150405c.jpg
記念撮影スペース。ガイドのお姉さんに撮ってもらった記念撮影データは、誰のスマホにあるか不明(笑)
その横に
kumamoto150405d.jpg
ファクトリーショップ。
上記のプレモル飲み比べセットや、工場出来立て直送。Tシャツ等のグッズを売ってます。
ちなみに、この工場。
団体ツアーのコースに入っていたり、熊本市内から
kumamoto150405e.jpg
専用バスが出ている様です。
10時を前にどんどん見学者が増えて来ました。
着いたのは1番乗りでしたが、阪急交通社のツアーが優先で、第2組の出発となりました。
工場ですから、内部は当然、撮影禁止
案内のお姉さんの話に耳を傾けつつ進みます。
冒頭の説明の際、発芽させた二条大麦(麦芽)をかじり、ホップをペレット化した物の匂いを嗅ぎます。
基本、全部知っている事なので、軽〜く聞き流します。
麦芽を砕いて麦汁を作るところから、缶を箱詰めするところまで回りますが、なにせ日曜日。
ラインは止まっています(笑)
いぃ〜んです!
kumamoto150405f.jpg
試飲が目当てですから。
1杯目は普通のプレモル。
2杯目はマスターズドリーム。
希望者は3杯目のプレモルまで、無料で試飲できます。
ワタクシは2杯で止めておきました。
飲みながら、美味しいプレモルの注ぎ方を
kumamoto150405g.jpg
ガイドしてもらった、みつゆきさんが実演してくれます。
「最初にしっかり泡を作ってからグラスの側面を伝い流し込む。」
意外と皆さん知らないようで、隊員達も「へぇ〜。」と言ってました。
約1時間のコース(ってか、プレモル)をしっかり堪能し、雨も止んだので熊本城へ。

12:30、三の丸駐車場へ到着。
kumamoto150405i.jpg
全員足の痛みを抱えつつ、徒歩で本丸天守へ向います。
熊本城は西南の役の際に、多くの建物が焼失しています。
kumamoto150405j.jpg
二の丸広場から見る趣のある(?)戌亥櫓も2004年に再建されたもの。
西大手門から中に入ると、流石熊本市のシンボル
kumamoto150405k.jpg
白無垢で記念撮影をしている花嫁さん。
記念撮影以上に、外国人観光客に撮られてました。(まさか、サクラ・・・)
頬当御門より内側に入るには¥500必要ですが、せっかくなのでみんな入場します。
kumamoto150405m.jpg
本丸天守閣は、1960年に再建した鉄筋コンクリート建てですが、振り向いた先にある
kumamoto150405q.jpg
宇土櫓は、重要文化財です。
残念なことに、桜(ソメイヨシノ)は全て散ってしまっています。
どっかに無いかと探したら、八重桜が咲いていたので
kumamoto150405n.jpg
八重桜越しの天守閣など。
天守閣に登るかどうか協議しましたが、全員足が痛いのでさっさと帰る事に(笑)
ナビの指示に素直に従い、熊本ICを目指していると統一地方選挙初戦、熊本県議会議員候補「松野明美」さんの選挙カーが前を行きます。
テレビで見ないと思ったら、政治家になってたのね。

当初、2日目の昼は熊本ラーメンと各隊員主張してましたが、昨日の昼食で食べたせいか、誰もラーメンとは口にしません。
特に希望もないので、高速のSAで済ますことに。
時間も14時を過ぎていたので、高速に乗って直ぐの北熊本SAへ。
各自適当に分散したので、誰が何を食べたか知りません(笑)
ワタクシは、熊本と言う事で、食べたことの無かった
kumamoto150405p.jpg
太平燕。
何かと思えば、春雨のちゃんぽんなのね。
普通に美味しかったです。
KG隊員の運転で順調に進み、福岡を過ぎてからはRCCの野球中継でカープの試合を聞きながら
「あ"ぁ〜〜っ。」とか、「え"ぇぇ〜〜っ。」とか言いながら、特に事故もなく会社の駐車場に帰着しました。

言いだしっぺ抜きの、御坂遊歩道3333段挑戦訓練でしたが、隊員の
「二度と行かねぇ。」
の感想と共に無事(?)終了しました。

さぁ、次の訓練は、”Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島”だ!
何のこっちゃ。(笑)
posted by たま。 at 23:33| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

アヤシイ消防隊 春の遠征○○登り その2

たっぷりかいた汗を流しに向ったのは、「石段の郷 佐俣の湯
こんなとこまで、石段かいっ(笑)
kumamoto150404r.jpg
駐車場のそばに宿泊用のロッジもありますが、温泉施設は別棟のようです。
建物に向って行くと
kumamoto150404u.jpg
手前に足湯。
ふらふらと入ってしまいそうになるのを、ぐっとこらえます。
道の駅にもなっていますが、物産の売り場は取って付けた程度?
温泉の入り口に向う途中、湯上りの匂いをぷんぷんさせた子供たち(小学生?)とすれ違います。
良かった、重なってなくて。
使用後お金が返ってくるタイプの下駄箱に靴を入れ、入浴券を購入します。
¥500ですが、釈迦院遊歩道の有料駐車場で¥100の割引券をもらっているので、¥400/人。
6人で¥600引き。駐車料金が¥300なので、¥300の得。
みなさん、釈迦院遊歩道では有料駐車場に停めましょう(笑)
販売タオル¥200を記念に購入して、湯船へ。
泉質はアルカリ性単純温泉。全ての湯船が源泉かけ流しです。
さすが九州、温泉天国。
アルカリ温泉特有のぬるぬる度はかなり高く、源泉かけ流しなので、常にぬるぬる。(笑)
隊員各位、「うぉぉぅ。」とか、「う"ぅ〜〜っ。」とか、「あ"ぁぁっ。」とか、思い思いの感嘆符を呻いています。

たっぷり楽しんで、時刻は17:30。
今日のお宿、HOTEL AZ 八代宮原店に向います。
30分程で到着。チェックインを済ませ部屋に向います。
kumamoto150404s.jpg
こんな感じ。まぁ、朝食付きで¥3,800ですから。
驚いたのは、窓にカーテンがありません!
代わりに付いているのが、鎧戸。(驚)
確かに、防音、遮光は完璧だぁ(笑)
なぜ、わざわざ熊本市内を避けて、こんな場所にしたのか。
O隊長の趣味。(本人いないけど。)
まぁ、熊本市内泊で夜は大爆発!する元気はなかとですけど。
夕食は隣接する焼肉食べ放題の店「お祭り一番館」の飲み放題プランで、昼間消費したカロリーをリセットします。
ホテルの宿泊とセットで、¥6,470也。
お店の外に家族連れが待ってますが、チェックイン時にホテルが予約を入れているので、待たずに着席です。
2時間たらふく食って呑んで、消費の倍以上のカロリーを摂取(笑)
ホテルに戻り、みんなの部屋呑みの誘いを断ってそのまま爆睡。
(みんなも30分位で解散した様です。)

翌日の予定は熊本城と霊巌洞の観光ですが、天気次第でどうなるか・・・。
posted by たま。 at 22:53| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

アヤシイ消防隊 春の遠征○○登り その1

3月末で解隊したハズの我らアヤシイ消防隊。
諸般事情(工場長命令とも言う)により延長中です。

さて、階段好きのo隊長が去年からみんなで行きたい(一人では行った)と言っていたのが、熊本県美里町にある、釈迦院御坂遊歩道
通称、「日本一の石段 3,333段
日帰りは無理なので、一泊で挑戦すために、みんなで積み立てしてました(笑)
お金も貯まり、具体的なスケジュールを引いている矢先。
言い出しっぺのo隊長は、3月末で関係会社に転出して行きました(笑)
まぁ、せっかく積み立てたので、予定通り足を運ぶことに。

4/4
家族がレンタカー屋に勤めているKM隊員のコネで、アルファードを格安で借り出し、7:30出発です。
結局参加は6名。各列2名のゆとりの配置で快適移動です。
kumamoto150404a.jpg
運転は、今回最年少のKG隊員が買って出てくれました。
雨の予報も、徳山西ICより先では晴れ間も除く、まずまずの天気。
「やっぱ、俺が晴れ漢だから。」
と、3人が晴れ男宣言。
ところがどっこい、熊本に近付くにつれて、どんより感急増!
阿蘇の方角は、雲で真っ白。
何とかせぇ〜よ、晴れ男(笑)

昼食は、SAで簡単に済ませる事にして、北熊本SAへ。
熊本と言えば、ラーメンでしょ。
ってことで、フードコート内のうまか軒で全員ラーメンを注文。
ワタクシは満腹にならない様に、ラーメン単品にしました。
味は、まぁ、こんなもん、かなぁ?
観光バスが入って、中華系の方が大量に入って来て騒がしくなってきたので、そそくさと後にします。
50代のKK&IF隊員。
「なに、あれ。くどい。胃にもたれる。」
まぁ、こがし油と揚げにんにくが特徴ですから。
山口の醤油とんこつからすると、くどいわなぁ。

12:40。
kumamoto150404b.jpg
無事、釈迦院御坂遊歩道のふもとに到着。
12:55。
kumamoto150404c.jpg
有料駐車場(¥300也。)のおじさんに記念撮影してもらって、登頂(?)開始。
「上り始めの500段が苦しいよ。」
と、おじさんが言ってましたが
kumamoto150404d.jpg
なにせ、この急勾配。
500はおろか、200段で既に息が上がり始めます。
それでも”へたれ”っぽく見られない様に、すれ違う人には、めっちゃ笑顔で
「こんにちはぁ〜!」
と挨拶する、我らアヤシイ消防隊(笑)
そして
kumamoto150404e.jpg
500段目。まだたったの15%
隊員間の年齢、体力等の差で、既にかなりバラケてます。
この先、ひたすら石段の写真が続きます。
えぇ、日本一の石段ですから・・・。
1,000段目。
kumamoto150404f.jpg
誰だ、キツイのは最初の500段つったのは。
相変わらずキツイじゃねぇか。
50代とちょいメタな1人が、めっちゃ苦しそうです。
「止めても良いから。無理して倒れたらなんでもないから。」
と、声掛けしつつ2人を待ち待ち登ります。(お陰でちょっと楽です)
kumamoto150404g.jpg
ひたすら続く石段が、心を挫きます。
これは、確実に自分との戦い。
誰だ、遊歩道なんて呼んだやつぁ。苦歩道じゃねぇか・・・。
kumamoto150404h.jpg
時々、なぜか現れる平坦な石畳で呼吸を整えますが、その先はまた石段。
時折、九州らしく
kumamoto150404i.jpg
クスノキの巨木が点在しています。
標高も上がって来ているのか
kumamoto150404j.jpg
時々、眺望も開けます。(熊本方面かな?)
でも、キツイもんはキツく
kumamoto150404k.jpg
普段から歩いているハズのIF隊員、今にも吐きそう・・・。
2,000段目あたりからは
kumamoto150404l.jpg
なんだか、霧に包まれて来ました。
いったい、どこへ着くんでしょう。 (釈迦院だろ)
ただ、この辺から死にそうだった2人。
苦しさの限界を超えたのか、ミョウに元気になって来ました。
これって、一種のランナーズハイ?
いきなりペースアップして
kumamoto150404m.jpg
ついに頂上(?)が見えて来ました。
14:15。石段の最上段に到着。所要時間1時間20分。
kumamoto150404o.jpg
とりあえず、記念撮影。
ちなみにここは
kumamoto150404n.jpg
麓からの標高差620m。よう作ったなぁ、こんな石段。
ちなみに、山頂の標高は957m。釈迦院は標高900mにあります。
よって、まだも少し登りです。
途中の展望所で先行した2名と合流。
霧で視界の悪い、ってかなんだか薄気味悪い石畳を歩いて釈迦院へ。
kumamoto150404p.jpg
霧に浮かぶ山門は、なんだか威厳があります。
が、庫裡と思われる部分は倒れかかって立ち入り禁止だわ、
回りの斜面に粗大ゴミの不法投棄はあるわ・・・。
ど言うこと? ちょっと悲しい。
熊本県観光サイトに乗せてるのに。
どうした、熊本県観光課。 ”くまもん”さえ受ければ、それで良いのかっ!
kumamoto150404q.jpg
少なくとも現在、住職はいない様です。歴史は古い様ですが。
(気は悪くないんだけどね)
車で訪れていた、関西の老夫婦に記念撮影をお願いし、早々に退散です。

ここで思い知ったのが、下りの石段の怖さ。
花崗岩(本当なら世界中色々な花崗岩を使用)の切石は、表面がまっ平ら。
雨に濡れて、まぁ、滑ること。
コケルと急勾配の石段を転げ落ちかねない恐怖。
加えて石段は1段毎に足に衝撃が伝わり、足腰に加わる負担の大きいこと。
かく言うワタクシ。
2度ほど足が滑ってコケかけました。
2度目のときには膝が曲がり切った状態(ほぼ正座状態)で踏ん張ったせいか、左膝に無理な力がかかった様です。
曲げると痛いのなんの。
残り500段の辛かったこと。
手すりが有って良かった・・・。
15:50。
何とか全員降り切って、目的達成。
kumamoto150404t.jpg
今頃になって、晴れやがんの。

たっぷりかいた汗を軽く処理して、温泉へGo。
この時、曇るので全く使わず、カチューシャの様に頭に載っていたサングラスを
シャツを脱ぐのに邪魔だからとどこかに置いたまま、忘れました
あぁ〜〜、¥8,000。

どうしよぉ・・・。
探しに行くより、買った方が安いか。
posted by たま。 at 23:21| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

Ski Log 2015 Last Last

もたもた書いてたら、桜が満開です(笑)

3/7(土)7時の気温は0.6℃。
Ski150307a.jpg
雪は舞ってますが暖かいです。
朝、トイレに行ったら、肛門周辺がヒリヒリしました。
マレーシアの屋台でトムヤム食った時以来です。
間違いなく、昨夜のスープカレーX4のせい。
ここは札幌。東南アジアじゃないってーの。(笑)

飛行機は13:35発。
胃疲れが抜けず昼飯はどうでも良く、札幌駅に11:30に着きゃ良いのでめっちゃ余裕。
のたのた荷物を片付け、あとはベットでごろごろ。
チェックアウトリミット直前の10時50分。
荷物の発送を頼んでホテルを後にします。
札幌駅前通りをトボトボ歩いて駅へ。
Ski150307b.jpg
大通り公園のテレビ塔も雪が少なめで、なんか不自然(この時期としては)
駅前のみずほ銀行で今年はグリーンジャンボを購入。
(あっ。すっかり番号確認忘れとった・・・。)
11:20には札幌駅到着です。
快速エアポートを1本パスしていると、向かいのホームがなんだかザワザワ。
おぉ〜。
Ski150307d.jpg
北斗星が入って着ました。
そう言えば、廃止になる(なった)んでしたね。
先頭の従連機関車にワラワラ群がる
Ski150307e.jpg
鉄っちゃん達。
無くなるのが惜しいなら、写真撮ってばかりいないで、ちったぁ乗れよ(笑)
ワタクシはブルートレインには、20〜30代の東京出張で、富士やあさかぜに
さんざん乗ったので興味ないです。はい。

新千歳に向う電車は乗車率120%。でも1本見送ったのでしっかり座れました。
とっととチェックインし、荷物検査も受け、ひたすら読書です。
帰りの飛行機は残念ながらクラスJに空きは無く、予約通りの席に。
大学生と思しき一団が、前3席と横2席に陣取ってます。
女子大生なら良かったのに・・・。
Ski150307f.jpg
千歳の天気もどんよりで、寂しい眺望。
当然上空も
Ski150307g.jpg
一面、雲。
それにしても、この窓のキズは何? ピントがキズに行くやないかぁ。
広島空港の天候は、霧。
「まずい。到着先が変更になるのかぁ!?」
と心配しましたが、毎度の事のようで、予定通り難なく着陸。
17時前には帰宅して全日程が終了しました。

おまけ。
帰宅した翌日。
猛烈な下痢と38.5℃の高熱を発症。
「うわぁ、今年も北の風邪かぁ?」
と思いましたが、咳も頭痛もなく(鼻水はスギ花粉)
麻黄湯と新ビオフェルミン飲んで1日寝てたら、36.5度まで回復。
どうやら疲労による急性腸炎だった様です。
いや、やっぱり、トシには勝てませんね・・・。
posted by たま。 at 22:33| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする