2015年03月26日

Ski Log 2015 Last Part3

昨夜降っていた、霰のような雪も大した事なかったようで
Ski150306a.jpg
ふっ、朝日が眩しいぜ。
7時の気温-2℃。普通?暖かい??
昨日はしゃぎ過ぎない様に気を付けたお陰か、去年のダルさはありません。
でも、ダルいのはダルい。えぇ、オヂサンですから。
今日の行き先は、札幌国際スキー場
一応、札幌市内のスキー場なので、キロロ行き、ルスツ行き、旭川動物園行き
を見送ってからの出発です。
道順はルスツと同じで、途中の定山渓温泉から道道1号線へ入ります。
途中、ダム湖のさっぽろ湖がありますが、さすが北海道
Ski150306c.jpg
きっちり凍結しています。
凍結した湖には当然(?)
Ski150306d.jpg
ワカサギ釣りのテント。
うぅ〜ん。寒いだろぉ〜なぁ〜。(この辺りなら-10℃はカタイ)
湖越に見える
Ski150306e.jpg
定山渓天狗岳がとても美しい。
雪深い道道1号線をバスはずんずん進み、1時間弱で到着。
1階更衣室のロッカー(¥400高っ)に荷物を放り込みます。
引き換え用紙を1日券に交換しようと
Ski150306f.jpg
チケット売り場に向かいます。(いぁ〜良い天気だ)
あと一人の順番で、注意書きに
「バスツアーのチケットは、本館カウンターで引き換え下さい。」
と書いてあるのに気付き、そそくさと元来た本館に戻ります。
ゴンドラ(8人乗り)に乗り込み早速山頂へ。
少し冷えたためか、雪質は昨日のルスツよりかなり良いです。
Ski150306g.jpg
まずは石狩湾方面をパチり。
今日は無理せずに、それでも全コース制覇で行く事にします。
中央の中級コースから始めます。
しかし、ここはコース幅が広〜い。
誰かとぶつかるなんて、まず考えられません。
次は余市岳を望む、上級コース!
Ski150306h.jpg
余市岳見えてませ〜ん。(笑)
上級と言っても、最大斜度30°でそこが無圧雪なだけ。
2日目でも、余裕〜〜っ。
そうそう、ここはルスツと違い、コース外滑走は一切禁止。
Ski150306i.jpg
あっちこっちに、こんな看板&10分置きに場内放送も。
でも、林間はトレースだらけ。
滑ってるのは白人ではなく、老人。(シニアスキーヤー)
年寄りは、人の言う事聞かんからなぁ〜。
でもさすがに
Ski150306n.jpg
朝里岳に向う登りには、トレースはありません。(笑)
ちなみに、朝里岳の向こうはキロロリゾート。
Ski150306m.jpg
うっすら小樽港も見えます。

本日、平日の金曜日ですが、以外に混んでいます。
理由は
Ski150306j.jpg
中学生がいっぱいいるから。
子供の頃からスキー授業なんて、羨ましい。
でも
Ski150306k.jpg
意外とボーゲン率高し。
案外しないのね、ウィンタースポーツ。
中には
Ski150306l.jpg
若い女の先生にマンツーマンで教わってる子も。
うっ、羨まし〜〜〜いっ!
って、教わっているのは、更に若い女子中学生。(笑)

体が動くうちに、昨日は回避した無圧雪コースも行っときましょ。
Ski150306o.jpg
滑ってない場所探すのが大変ですが。(笑)
雪が思った以上に軟らかくて、結構楽しい。
でも、1本で止めといて、お昼にします。
麓にレストランがあるのですが、山頂の店が気になったのでそこに。
Ski150306p.jpg
これが、唯一の食事メニユー、チャーハンみそ汁付き。¥650。
山頂にあるってことで、水道設備がないので、お冷もトイレもありません!
よって、”いろはす”をお冷として、購入。¥110(値段は良心的)
景色は良いので、のんびり食事&休息。
足の指先が暖まったところで、外に出て山頂付近をうろうろ。
Ski150306q.jpg
視界が良ければ、真ん中に余市岳が写るはず。
朝里岳の斜面に数本のトレースがあるのは、ツアースキー? それとも・・・。
一応、全コース制覇なので、初心者コースにも行っておきます。
Ski150306r.jpg
1km以上向うの雲の下あたりが、ゴンドラのある山頂です。
ここも、スケールでかい。
緩斜面で祖転倒しつつ、全コース滑り終わる頃には、もうへろへろ。
去年同様、疲労蓄積で晴れ漢パワーが切れたのか
Ski150306s.jpg
なんだか怪しい天気に。
15時過ぎから麓のレストハウスでごろごろしていたら、16時で席の片付けが始まり
邪魔者扱いされてきたので、ゴンドラでラスイチの山頂へ。
中学生も帰って、ガラガラのウッディコースを全開でぶっ飛ばし
2015シーズンを終了しました。
道具を片付け、バスを待つ頃には
Ski150306t.jpg
麓もすっかり雪に。
例によって帰りのバスは爆睡し、19時にはホテルに着。

胃も体もお疲れぎみなので、夕食はスパイスの効いたスープカレーにしましょう。
検索したホテルに近い”soup curry Suage+”に行ってみると・・・
店の外まで行列が。気温2℃なのに。
やはり、検索で上位にひっかかるお店は、混んでいるので避けた方が良さそうです。
そこで去年も行った1ブロック先の、札幌路地裏スープカリィ侍。さくら店へ。
Ski150306u.jpg
相変わらずの隠れ家感。
2階のカウンター席は、今年もOL風のお姉さんが1名。
別に、流行っていない訳ではなく、3階テーブルは席待ちです。
去年は、皮パリチキンと20品目野菜だったので
今年は、豚角煮と野菜のカレー¥1,250也。
Ski150306v.jpg
去年、ライスがMで少し多かったのでSに減らしました。
辛さは”辛め”が全然辛くなかったので、一気にX4にUp。
当然、サッポロクラシックも忘れずに。
これに
Ski150306w.jpg
厚岸産のカキフライをトッピングしました。
味は美味いです。野菜がたっぷりなのが嬉しい。
でも、辛いっ。(誰だ、X4にしたバカ)
でも、美味い。
大汗をかきかき、唇をヒリヒリさせながらも、完食。
外の寒さも感じず、(英語で辛いをHot!と言う訳だ)コンビニでビールを買い込み
ホテルで飲みながら、いつの間にやら就寝。
荷物は明日、ゆっくり片付けましょ。

PS
札幌東急イン周辺は、セブンイレブンが少ない。
せっかく、nanacoに¥5,000チャージして来たのに・・・。
posted by たま。 at 23:01| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

Ski Log 2015 Last Part2

3/5
札幌の天候
Ski150305a.jpg
曇り。気温0℃。風NW3m。
普段通り、7時に起床。
8時15分のバスまでのんびり仕度します。
平日のせいか、ロビーには背広姿の方が多いですね。
いやぁ〜、遊んでて申し訳ない。(笑)
初日のバスは今年もAKB。
札幌東急インの後は2箇所ホテルを回って、中島公園を見ながら渋滞を避けて豊平川沿いの道へ。
Ski150305b.jpg
いや、それにしても道路に雪がないなんて・・。
去年と比べてみそ。
途中からR230に合流。あとはひたすら道なりにルスツを目指します。
いつもの様に中山峠で一休み。
Ski150305c.jpg
さすがにこの辺りは真っ白です。
喜茂別の町に近付くと、目の前に別尻岳が見えて来ます。
と、前の席の大阪弁OL2人組が写メを撮り始めます。
同じコニーデ型(富士山タイプ)で、尾根に木、谷は真っ白なんですが
「おぉ〜い、それは羊蹄山じゃないぞぉ〜」
と、教えてあげた方が良いやら、悪いやら。
水を差さない様に黙っておきました。
Ski150305d.jpg
ちなみに、こっちが羊蹄山。
天候不良で山頂は雲の中です。
10:20
Ski150305e.jpg
何事も無く(当たり前か)ルスツリゾート到着。
チケットカウンターで1日券を引き換え、荷物をロッカー(¥300)に放り込みます。
ちなみに、今シーズンから
Ski150305k.jpg
ICチケットになってました。(保証金¥500也)

施設内を道具を身に付けて歩いているとめっちゃ暑いので、とっとと外へ。
Ski150305f.jpg
少し、雲が切れてきました。ヤバイ。日焼け止め塗ってない・・・。
R230を跨ぐイーストゴンドラ1まで歩くのが面倒なので
手近のウエスト山頂リフトへ乗っちゃいます。
Ski150305g.jpg
どぉ〜ん!・・・・ 写真じゃ全然伝わらないスケール感。
ちなみに、雲の下の山肌にある線は、全部コースです。
滑り出しはいきなり上級斜面。しかも、カチカチです。
転倒にだけは注意して、ゴンドラ乗り場へ。
乗り場手前で止まっっっ、凍ってます!
あえなく転倒。こんな緩斜面で・・・。
そう言やぁウィスラーでも、ロープウェー降り場から5m。緩斜面のアイスバーンで転んだっけ。
あの時は、肩が外れたかと思った・・・。
幸い、怪我も無くゴンドラへ。
イーストゴンドラ1から2へ乗り継ぎ
Ski150305h.jpg
イースト山頂へ。
イーストティーニュからイゾラゴンドラで
Ski150305i.jpg
イゾラ山頂へ。
それにしても、ゴンドラから見るコース外の林。トレースだらけです。
そう言えば、ゴンドラやリフトに貼ってあるコース図に
「コース外の滑走で救助等発生した場合、救助費用として¥5万と機材代を負担頂きます。
 ご理解の上、上級者のみ滑走可とします。」
と言った意味の文章が。
でも、林を滑ってるスキーヤー、ボーゲンがいた気が・・・。
少し風があるせいか靄もなく
Ski150305j.jpg
洞爺湖がくっきり見えます。
皆さん山頂で写真撮ってましたが、ワタクシはヘブンリービューを少し下がった
コース外(笑)で撮ってました。
雪の反射で液晶画面がほとんど見えなかったので、洞爺湖が切れてます。
こんな時はファインダーだなぁ〜。

1時過ぎにイゾラ2000(ベースステーション)で昼食にします。
Ski150305l.jpg
ルスツ高原ポークのカツカレー。¥1,080也。
購入後気が付きましたが、朝、カツサンドだったぁ〜・・・。
豚かぶりぃ。
ウォータサーバのそばに、すらっとしたものすげぇ〜〜美人が4人も居ます。
何だぁ、何事だぁ。と思って見てると、なんか
赤字に黄色い星をあしらったインナーを全員着ています。
えっ、中国ナショナルチームぅ?っが、こんなに細くて美人な訳がありません。
多分、何かの取材でしょう。
13億も人間がいるからか、美人もレベル高いですなぁ。
写真を撮り損ねたのが悔やまれます。
気を取り直して(?)再度山頂へ。
Ski150305m.jpg
洞爺湖の湖面が中島を挟んで半分だけ光っているのが幻想的です。
(伝わらないのは、ワタクシの腕が悪いせいです。)
自分がそんなに好きではないワタクシは自撮りはしないんですが
Ski150305n.jpg
ちょこっとだけ入れてみました。
画角が狂っているのも、ワタクシの腕が悪いのと素直にスマホを使わないせいです。
そうそう、この日の雪質は、中国地方の良い時期レベル。
ふかふかパウダーってな訳ではないので
Ski150305o.jpg
林間の上級者コースは止めておきます。
去年、はしゃぎ過ぎて翌日辛かったし。
バスが17:50発なのと、16時過ぎるとリフトが止まり始めるので、15:50
Ski150305p.jpg
羊蹄山と別尻岳を望む、イーストビバルディでこちらのエリアを終了します。
なぜかここで大阪弁の人に、どれが羊蹄山か聞かれます。
関西人って、羊蹄山がお好き?

ウエストに戻り、3,4本軽く流すとかなり暗くなって来ました。
やはり北海道は東日本です。
16:45。今年のルスツを終了としました。
Ski150305q.jpg
入り口の電飾にも灯が入り、あとはひたすらバスを待つのみ。
ビールでも飲んでいたいところですが、朝昼豚カツでしっかり運動したせいか
とっても胃がもたれています。
晩飯は軽いものにしよう。と心に決めつつ、帰りのバスは爆睡です。

19:30ホテルに帰着。
札幌で軽いものって事で、夕食は蕎麦にします。
ホテル周辺で検索し、老舗となっている「そば処きんすい」へ。
ホテル前の月寒通りを渡り、1区画先の6丁目にありました。
20時を回っていたせいか、客はワタクシ一人。
胃の事を考えて温蕎麦にしようと決めてメニューを見ていると
きつねそば、肉そばに混じって見慣れない「てんたまそば」の文字。
年配のおかみさんに聞いてみます。
た 「この、てんたまそばって、何ですか?」
お 「卵とじのお蕎麦だよ。」
た 「じゃぁ、それで。」
待ってる間にお冷を飲み・・・、あれっ。
何か、強烈にカルキ臭い。
一緒に置かれた冷水ポットの中には、何やらピンク色のナルトの様な物体が。
お冷は飲まない事にしましょう。
少し不安になりながら待っていると、出てきたのが
Ski150305r.jpg
てんたまそば(¥850)。なるもの。
海老天をネギと卵とじにしたものが、蕎麦に乗っています。
はっ、初めて見た。(笑)
とりあえず、すすって見ます。
ずっ、ずぅずぅずぅ〜〜っ・・・。 美味い(笑)
蕎麦は温かくても適度にコシがあり、やや甘めのつゆも合っています。
海老天は小さかったんですが、ワタクシ海老にも少々アレルギーぎみなので。
ゆっくり味わい、体も温まったところで外に出ると
Ski150305s.jpg
霰に近い雪。
コンビニに立ち寄り、お風呂にゆっくり浸かって、さっさと寝ます。
さぁ、明日は初めての札幌国際スキー場だぁ。

PS
ゲレンデを見ていると、人種(国?)が判る事に気付きました。
全くの下手っぴ ・・・・ 中華系
少し滑れる ・・・・・・ 韓国人
林の中 ・・・・・・・・ 欧米系
posted by たま。 at 23:48| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

Ski Log 2015 Last Part1

雪は多かったものの、気温は高かった今シーズン。
やっぱり、予報通りの暖冬だったんですかねぇ。
そんな2015シーズンを締めくくるのは、やっぱり北海道!
てな訳で、何とか今年も時間とお金を工面して行ってまいりました。
ちなみに内容は2014 Lastとほぼ同じです。(笑)
今回も、JTBのスキーツアーを取っ掛かりに、札幌宿泊のビジネスプランと
スキーバスを組み合わせたオリジナルプランです。

3/4
新千歳に向うのは、今年も広島空港10:55発JAL3403便です。
8:30に車で家を出ます。
あれっ。
最寄のインターチェンジに向うつもりが、会社に向う道を走っちゃってます。
平日だもんな。習慣ってオソロシイ。
若干の遠回りをしつつも、遠回り分のみの遅れで河内IC到着。
ここで気付いた。
平日って高速の割引がETC割の10%だけだから、料金が高い。
休日:¥1,970。平日:¥2,810。
何か、損した気分です。

駐車場は当然今回も¥500/日の正広駐車場です。
送迎バスは乗ったら直ぐに出発し、10:00には空港到着。
天候:曇り。気温:7℃。
Ski150304b.jpg
事前に席を決めておいたのに、よりによって翼の上。(笑)
でもおかげで3列シートにワタクシ一人でゆったり。
眼下の景色も雲で真っ白なので、とっとと寝てしまいます。
およそ1時間40分で新千歳に到着。
Ski150304c.jpg
めっちゃ雪。横殴りの雪。気温0℃(暖かい?)
外には出ずに、JR新千歳空港駅へ。
快速エアポートで37分。14:04に札幌駅到着です。
市営地下鉄南北線に乗ってすすきの駅下車。

今回のお宿は、札幌東急インです。
地下鉄駅のすぐそばで、目の前は月寒通り。背後に広がる飲食店街。
一番人気で今まで取れなかったんですが、今回初めて取れました!
14:20チェックイン。フロントで荷物を受け取り、11階512号室へ。
Ski150304d.jpg
広さはありませんが、清潔でこじんまりとまとまっています。
ベッドが140p幅で、枕がテンピュールなのは、ちょっと嬉しい。
バスルームは
Ski150304e.jpg
こんな感じ。浴槽が少し広めかなぁ。
東京のビジホよりは明らかに広い。(笑)
荷物を開けて、昼飯をどうしようか考えながらベットに横になり
そのまま、爆睡。目が覚めたら、19:00でした。
原因はコイツ。
Ski150304k.jpg
SONY XPERIA Z3
とうとう電源が勝手にON/OFFし始めたCASI G'zOne CA002を諦め、3日前に購入。
使い方が判らず、前の晩にもたもたと、アドレス帳やお気に入りの整理。
聞きたい音楽の転送なんかしていたら、気が付けば4時。
完全、寝不足で飛行機中の睡眠では不十分でした。
せっかくのスマホの検索機能を無視して(笑)いつもの狸小路に向います。
まずはお土産を購入・・なんだこれ?
免税店の認定を取った様で、客はみんな中国(語圏)人。
日本人のワタクシは肩身が狭い。 日本なのに・・・。
さっさと去年と同じ「おみやげの店 こぶしや」へ移動。
こっちは日本人比率高し。ちょっとホッとします。
石屋製菓の白いロールケーキに心惹かれましたが、要冷凍便で同梱にしたら
他の土産に霜が付く。と聞いて諦めました。
(当然ですが、今時ネットでお取り寄せ出来ます。買おうかな・・)

宅配の手続きを取ったら、夕食は当然
Ski150304f.jpg
ビヤホールライオン 狸小路店
とくれば、メニューはもちろん
Ski150304g.jpg
ジャーマンポテトとサッポロクラシック! (こればっか)
今回はこれに、五稜星ソーセージと15品目のサラダ を追加。
Ski150304h.jpg
こんな状態に。 結構、量あります。
隣席は台湾から観光の初老のご夫婦。
メニューを指差しながら、「One.」と指の数と併せて示しながら注文しています。
そう言えば、海外でやったなぁ〜、この注文方法。(笑)
静かな音楽に落ち着いた装飾。
Ski150304i.jpg
料理を順調に平らげつつ、次のビール。
エーデルピルス グラス生にしようかとも思いましたが
Ski150304j.jpg
キャンペーン中の琥珀ヱビスに。(抽選はハズレでしたぁ)
コクと香ばしさが好きでもありますが、心惹かれたのが、”樽生
山口じゃ缶でしか飲めないもんなぁ〜。
キレイに平らげてホテルへ戻ります。
部屋の窓から、お風呂屋さんの看板が
思いっきり見えてますが(すすきのやなぁ〜)
既に気持ち良く出来上がっているので、そのまま風呂にも入らず爆睡。

さぁ、明日はルスツだぁぁぁぁ〜っ。
posted by たま。 at 23:12| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

Ski Log 2015 No.10

どうにか2015シーズンも無事にノルマの10日が達成できました。
先週ですが。

2/21
Ski150221a.jpg
気温は少し微妙。
この時点で残走行距離は250km。
出掛けに給油しようと思っていました。
車を走らせながら、行き先を考えます。
日中の気温も普通に10℃を超えるようになりました。
ハイシーズンも過ぎました。
ってことで、ミズホへ向います。
山陽道に乗ってセブン-イレブンの”味わいコロッケロール”をかじっていて
ふと気付きます。
ガソリン入れ忘れた・・・。
仕方ないので、ミズホの周りで10Lだけ入れよっと。
Ski150221b.jpg
中国山地の真ん中は今日も山霧です。
雪は法面に少ししかありません。
終わり、近いです。
7:45に到着し、駐車場は6割の入り。
ゴンドラ待ちが心配ですが、まぁ、シングルレーンなので、ほとんど待たずに山頂へ。
Ski150221c.jpg
雪はたっぷりあります。そんなに硬くはありません。
リフトも空いてます。
今のうちに楽しみましょう。
あっ、当然リフト券は、午前券です。(笑)
Ski150221d.jpg
前々日の降雪の名残が、山頂付近の木々に残っています。
ビーチコースを軽く流し、ビックモーニング方面へ。
Ski150221e.jpg
山の向こうの窪地に、山霧が溜まっているのが見えます。
たぶん、千代田付近でしょう。
ミズホの視界は今のところ良好。
Ski150221f.jpg
定点撮影。うす雲がかかり始めています。
徐々に曇って雨になる予報。午前券で正解です。
そうそう。
何年か前に、ビックモーニングのトップにウツドデッキができました。
今回初めて上がってみました。
広島方向を見たときの説明板がありました。そんだけです。(笑)
ちなみに、西に眼を向けると
Ski150221g.jpg
遠くに芸北国際のゲレンデも見えます。
さて、雪の多いミズホですが
Ski150221h.jpg
杉はしっかり茶色に変わってました。
前来た時は緑だったのに・・・。
天気が良いので
Ski150221i.jpg
三瓶山もくっきり見えます。
天気が良いので、雪面を急速に緩みます。
11時過ぎた辺りで、ぼちぼち良っかなぁ〜。
て気分になり、11:30
Ski150221j.jpg
チェスナットコースを駆け下りて終了です。
そう言えば、今シーズンは上級コースの
ラビット,クレージーベア,ディア,チェリーツリーを
全く滑ってません。
まぁ、安全運転で良いか。

帰りは六日市温泉ゆららのミストサウナで鼻をスッキリさせる為、中国道です。
その前に、瑞穂IC付近でガソリンを入れないと・・・。
しっ、閉まってるよ。土曜日なのに。
平日とは比べ物にならんくらい、客が見込めるだろうに。
戸河内の周りはやってるぞ。何と商売っ気の無いことか。
JAだから?
六日市ICそばまで粘ろうかとも思いましたが、浜田道に上がった途端に
燃料警告が点灯したので、渋々安佐SAへ。
えっと、ハイオクは・・・・えっ。
ひゃっ、157円 exclamation
先週いつものGSで入れたときは135円でした。
22円/Lも高いなんて・・・。
眩暈を覚えつつも、仕方ないので20Lだけ給油します。
気を取り直してゆららに向かいますが
Ski150221k.jpg
塩、まき過ぎでしょ。道路白いよ。@宇佐大橋付近。
ゆららでひとっ風呂浴びて、道の駅ゆとりパークたまがわでたこ焼き食べて、
すさりでガイド様&かおりさんと世間話をして帰ります。
ちなみに、いつものGSでハイオクが140円に上がってました。
1週間で5円は無いでしょ。
今週行ってないので、また上がってたりして。
どうしたサウジ。
安値戦略は終わり?
シェールガスもコストが30$に下がってるぞ。
ISILを潰さんで良いんか・・・。
posted by たま。 at 22:37| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする