2014年09月30日

Dive Log 2014 No.11

No.10は予告通り割愛で。
9月も、もう終わりだし。

Dive Log 2014 No.6
で第八漁協丸の舵が折れたり、台風が来たりで
今年はボートダイビングに出れていませんでした。
9月に入り、やっと実現です。

9月7日。
天候:晴れ。 気温:27℃。 風:NNE ,3.8m。
波:1→1.5m。 水温:25℃。 透視度:5〜10m。

今年最初のボートダイビング。
1本目に向う先は、ダイナミックにロク。大潮だけど・・・。
ポイントに近付くと、何やら島の周辺海面がザワザワ。
特に地の島と瀬の間から裏にかけては、川の落ち込みの様。
潮流が隠れ根に当たり、水面に湧いているようです。
様子を見に入ったガイド様。最初は
「水面が大きく流れてますけど、中はそれほどでも。」
のコメントでしたが、船に戻る途中で脱げたフィンを取りに行ってからは
「底の方まで流れ出しました。」
にコメント変更。
そら、ガイド様の吐く泡が思いっきり斜めに上がってるし。
てな訳で、急遽ポイント変更です。

1本目。沖の島No.4。
地の島の沖側。沖ノ島の島影で潮流の影響のない場所です。
準備中にふと島(ってか、岩)の頂上を見ると、ハヤブサ(絶滅危惧U類)。
水中に入ると、見事に流れがありません。その代わりに、透視度はイマイチ。
海藻が繁茂し、アジが舞ってる様子はまるでビーチの様(笑)
投錨した直ぐ下に、岩の重なった小さな穴蔵。
Dive140907c.jpg
小さなムチヤギやハナヤギの奥に、ハタンポの姿も。
辺りをぐるりと回っていると、イシダイや
Dive140907b.jpg
イシガキダイ。
ホンソメワケベラYGやソラスズメダイなども。
根頭にはびっしりと海藻が生え
Dive140907e.jpg
アイゴの幼魚が川のように。
海藻の上をメジナYGが群れて
Dive140907d.jpg
青空が映るとイイ感じです。
そんな群れた小魚の中に
Dive140907f.jpg
オヤビッチャ発見。今年初。
しっかり写真に撮ろうと、壁際に追い込んだら
Dive140907g.jpg
正面しか向かないので、なんやら判らん写真に。
根頭5mを安全停止がてら泳ぎ周り、ボートなので早めの51分でエキジット。

さて、2本目をどうするかですが、潮も収まってそうなのでリベンジへ。

2本目、地の島No.6。(通称ロク)
エントリー準備中に、フレキシブルアームが途中から外れてダークバスターが床へゴトっ。
さして気にせずエントリー。
Dive140907h.jpg
いきなりタカベの群れが回ってます。
イサキYG(にせフタスジタマガシラ 笑)もごちゃっと。
トゲトサカゾーンに入り、動画撮影を開始。
トサカに近付くと、んっ?
Dive140907i.jpg
色が出んがな。
ダークバスターが逝ってしまわれた様です。 もうやだ〜(悲しい顔)
急いでFT5の設定をアドバンスド水中モードに切り替えますが
Dive140907j.jpg
発色はイマイチ。(なにせ水深28m)
例によって
Dive140907k.jpg
大きなマダイや
Dive140907l.jpg
大きなクエ(写真は浅場にいる中型)もうろついてました。
浅瀬にはセダカスズメダイ成魚やミナミギンポも居ましたが、撮り損ね。
それでも楽しく58分でエキジット。

逝ってしまわれたダークバスターは、陸上で振ると「カラカラ」と音がします。
どうやら、内部が破壊されているようです。
どっ、どないしよ。ライト・・・。
posted by たま。 at 22:25| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

ぶん。ぶん。ぶん。

ハチが飛ぶ。
枕元を、キイロスズメバチが。

と言っても、屋外に寝ている訳でも、室内に巣がある訳でもありません。
(当然か)
枕元から1mチョイの軒先に巣をかけやがったんです。
多分。
えぇ、危険なので見には行っていません。
明け方の活動開始時期には、ブンブンうるさいこと。
「五月蝿い」ならぬ、九月蜂い・・・。
たまに家にも入って来るし。

市販殺虫剤を購入し殲滅を試みますが、ちょっと入り組んだ場所になるので
巣が見えない。
安全確保のために窓から腕だけ出して、当てずっぽうに噴射してみますが
一部のハチが落ちるだけで、駆除には程遠く。
スプレーの空き缶だけが増えて行きます。
その缶には、「スズメバチの駆除は専門家に依頼すること。
などと書かれています。
頼むと数万円かかるんだよなぁ〜。
トホホ・・・。

仕方ないので、寒くなってから巣ごと撤去するかぁ。
それまでは市販のスプレーで、専守防衛に努めることにしましょ。
posted by たま。 at 22:46| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

Dive Log 2014 No.9

気が付けば9月も半ば・・・。
本来、8月のログは割愛なんですが、簡単に。

8月16日。(丸々1ヶ月前)
天候:曇り時々雨。 気温:25℃。 風:NNE ,3m。
波:1.0m。 水温:24℃。 透視度:5〜10m。

前日夜に降った雨のせいで、須佐湾は真っ茶色。
(そりゃぁ、須佐川上流はまだまだ復旧途中だし)
本日のポイントは、深まてかたのみです。
奥ちゃんファミリー(−1)が合宿中のようですが、今回も別行動。
ワタクシのバディは、天王寺から帰省中のSさん。

1本目。深まてかたビーチレギュラーコース。
砂地→ステージ→沖の根→東町→砂地。と回る、ちょい短めコース。
本日もメインは流れ者(季節来遊魚)探し。
砂地の入り口には、先日、読売テレビ”クチコミ新発見!旅ぷら”で
渡辺徹さんが美味しいと褒めていた
Dive140816a.jpg
金太郎(ヒメジ)がちょろちょろ。
ステージでやっと発見したのは
Dive140816b.jpg
クロユリハゼ(YG)exclamation
なんと、ソラスズメダイよりクロユリが先になるとは。
もちょっと近付いて
Dive140816c.jpg
クロユリハゼ。
今回、書きたいことはこれだけ(笑)
70分かけて回りエキジット。

2本目。当然、深まてかたビーチ。
サンゴイソギンチャクコースです。
この日はまだ、サンゴイソギンチャクには誰も居ませんでした。
今は、カザリイソギンチャクエビが暮らしているようです。
帰り道の東町で
Dive140816i.jpg
産卵行動目前の大きなアオリイカ。
8月にぃ? やっぱ、今年の海はヘン。
23.5℃(四捨五入して24℃)の水温に、フードなしはキツく
皆さんに倣って、60分でエキジット。

残念なことに、この日のクロユリハゼは、現在行方不明。
皆さんで潜って探して下さい。
(オマエは探さんのか!(笑))
posted by たま。 at 22:21| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

今年は早めです

3年前に初めてイノシシに田んぼを荒されて以来
秋には防獣ネットを設置する様になりました。
例年10月になる頃設置していたんですが
最近、田んぼの周りにヤツが泥浴びを楽しんだ痕跡が増えてきました。
幸い長雨のおかげで休耕田の土が軟らかいのか、
田んぼへの侵入はないので、さっさと囲ってしまうことに。

今年は、とうとう、隣の田んぼも耕作放棄。
稲作するのは我が家だけ。
単独でネットを設置せざるを得ません。
50mのネットを追加購入し、姉夫婦と甥も手伝って、都合250mを3時間半かけて設置しました。
様子は毎年同じなので、こちらこちらをご参照。

今年は去年までの策に加え、こんなものを追加しました。
nou140904.jpg
福農産業株式会社の防獣ライト)です。
近所のナフコで¥1,860也。
赤色LEDより青色LDEの方が、「よりイノシシが嫌がる!」とかネットに出てたので
青にしたんですが、夜間点灯しているのを確認に行くとこれがまた

はた迷惑なくらい明るい!

直視すると目が痛いし、遠目に見ると田んぼの辺り全体が青い(愕)
こりゃイノシシどころか、人間も嫌がるわ・・・。
苦情が来ないか心配です。

面白いのでもう1本追加を検討してますけど。(笑)
posted by たま。 at 22:26| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする