2013年12月31日

Ski Log 2014 No.2

2013年もあと3時間ほどで終わります。
今年も、大変な一年でした。
来年は、もっと大変でしょう。
はぁぁぁぁぁぁぁぁっ・・・。


そんな事とは関係なく、スキーです。
12月は4日滑走し、正に上々の滑り出し。
雪もしこたま積ってます。
ので、古い話は、さくっと。

12月14日。
今日から、女鹿平や芸北国際がOpenです。
でも、今日は、オープン価格ラスト週末のミズホへ。

6:00に高速に乗り、山陽道→広島道→中国道と進むと
Ski131214a.jpg
安佐SA付近から雪道っぽくなって来ました。
当然、冬タイヤ規制です。
良かった、先週交換しといて。

Ski131214b.jpg
浜田道に入ると、路上にも雪が。
あまり気にせず、遅い車は抜いて行きます。

ミズホの駐車場に7:45到着。
支度して、¥1,000引きのリフト券買って、8:20には山頂駅へ。
Ski131214c.jpg
な〜〜んも見えんがな。
天候:雪。気温:-5℃。透視度:50m。(海の透視度なら良いのにねぇ。)
人出はボチボチくらい。
スピードは押さえめにしましょう。

ビーチコースで体を温め、リフトの動いていないスカイラインコースへ。
無圧雪状態なので、そこそこふかふか。10pくらいでしょうか。
そのまま滑って行くと、麓に降りざるを得ないので、途中からビーチに戻ります。
その連絡通路が
Ski131214e.jpg
なんか、イイ感じ。
注:コース外ではありません。

2回り目でチェスナットコースを下りることにして、スカイラインを進むと
去年、ジャンプ台があった辺りに、吹き溜りが。
どぉぉぉ〜ん!と今シーズン初転倒。
全身雪まみれ。
気を取り直してチェスナットに向かったのですが、動揺したのか滑りがぐちゃぐちゃ。
コーヒーブレイクして、ビーチで基礎をやることに。

カフェテリア「ビーチ」でコーヒーを飲みつつ、かじかんだ足の指を温めます。
壁にはしゅんさんの写真・・・、違うか、大昔のスキーの写真。
しゅんさんのは、1Fに降りる階段の所にかかってます。
カフェを出る間際、職場のIさん発見。
すかさず、見なかったことにします

ひたすらエッジに乗る感覚を練習し、再びチェスナットへ。
今度は、キチンとコントロールが効きます。
やっぱり、基本って大事ですよねぇ。

っと、ここで板が急に滑らなくなりました。
実は、ワックスがなくなっていたのに気付かず
先週の滑走後ワックスがけ出来なかったんです。
メンテナンスで施したベースワックスがとれちゃった模様。
笑う程スピードが出ません。
・・・・
撤収、決定!

ゴンドラ麓駅でトイレから出てくると、再びIさん発見。
再び見なかったことにします。

Ski131214f.jpg
駐車場にも少し積雪が出来ていました。
こんな時に限って、雪かきを忘れるんですよねぇ。
雪まみれになりながら、車の雪を降ろし帰路に。

今回、コンプレッションタイツを穿かずに滑りましたが
後半、リフトに座っていると、まぁ脚が重いこと。
今シーズンのタイツ通期着用決定です。
でも、タイツと関係ない、腹筋と、転んだ影響か胸鎖乳突筋が筋肉痛に。

特に、胸鎖乳突筋
めちゃくちゃ痛くて、翌日、寝床から起きられない事態に。
人間って、首を起しながら体を起こすんですねぇ。
ベット上をずりずりズレて、脚をベットから出して何とか立てるくらい。
弱まりながらも1週間。たっぷり痛みました。
首に湿布して寝るのが、効果的でした。
(湿布は微香性を強くオススメします。)

滑走前は、首のストレッチもちゃんとやってるんだけどなぁ。
やっぱ・・・トシ?


本ブログをご覧頂いている皆様。
今年1年、お世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。

たま。

posted by たま。 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

スタッドレス

Ski Log で別途扱いした、スタッドレスの話です。

ワタクシのスタッドレスは、215/R17。
レガシィのタイヤは元々、225/45/R18。
なんで、サイズが違うかと言うと
・タイヤ幅は狭い方が面圧が上がって、良く効くんじゃないか。
・偏平率を下げて厚くした方が、乗り心地が良くはないか。
と言う考えで、インプレッサからレガシィに変えた時に、215/50R17に
合わせて購入しものです。
あれから、早15年。
シルバーだったアルミホイルは、いくら洗っても黄ばみが残り、
錆びに強いはずアルミの表面は、正体不明の白い結晶(錆び?)が成長。
流石に、「ぼちぼち、マズイっかなぁ〜。」と思ってました。

昨年、レガシィを新調し、それまでの215/45/R17では、スピードメータと
実測に10kmの差が発生。(GPSレーダ読み値)
丸3年使用したBLIZZAK REVO GZは、15,000kmは優に走って思いっ切り
プラットフォームが出ています。
ここは、いっちょホイールごと新調!
てことで、楽天日本一セールに合わせて(古い話)、ここでセット購入しました。
タイヤはBLIZZAK VRX
ホイルはMANARAY EUROSPEED_X10
テーパー座ナットと込みで、¥17,3800也。

11/4に注文。11/6の受付メールに
「※現在スタッドレスアルミセットのご注文を多数頂いており、
 順番に対応させていただいております。処理にお時間がかかって
 おりご迷惑をお掛け致しますがご了承ください。」
とありましたが、まぁ、必要になるのは1ヵ月先なので、気長に待っていました。

20日経った、11/25。
何一つ連絡が無いので、多少心配になり、フォローメール。
翌日、返事がない。翌々日、まだ返事がないので再フォロー
翌々々日、返事がないので、再々フォロー。(ふざけとんのか ちっ(怒った顔)
翌々々々日(11/29)、やっと返事が来ました。
「現在タイヤはようやく入荷し、ホイールの入荷を待っておりますが、
 今朝の段階で確認をメーカーにしたところ、納期が大幅に遅れていると
 報告を受けました。まだ、2週間〜3週間ほどの遅れが出ているている
 との事なので早急に用意するにはホイールの変更をお勧め致します。
 しかしながら変更できるホイールがどこのメーカーも在庫が無く、正直な
 ところいつ入荷できるかわかりません。
 冬季用のホイールはほぼ全滅ですが、通常の夏用のホイールであればRAYS
さんのフルクロスQ5というホイールであれば在庫を確認したところ有と
なっていたので用意はできそうです。ただ、値段が大幅に上がってしまいます。
そのままお待ちいただくのが一番ベストかとは思いますが納期がかかる為、
一度検討頂ければと思います。」
とのこと。

音沙汰無いうえ、手に入らないから高いホイルに変えろだとぉ。
ふざけんな、ボケェ。だったら、注文受付んじゃねぇ〜よ!

と、思った通りに書くと、社会人として如何なものか。と思ったので
同じ内用を、穏やかな言葉で文章にし、手に入るなら2〜3週間待つが
見通しはどうだと返信します。
翌日、返事がない。
翌々日、まだ返事がない。
翌々々日、まだ返事がないので
そんなショップを選んでしまった自分が愚かだったから、2週間だけ待ってから
楽天本体へ納期トラブルとしてクレームを付けてやろう。と心に強く誓って待つことに。

その間、古いスタッドレスを急場凌ぎ(高速で降ろされない)として装着する
ことにして、12/8に山口スバルで取り付けました。

ぼちぼち、クレームの準備を始めようとした12/18。
メールが来ました。
「商品の件ですが、まだまだ納期がかかりそうです。
 もしよろしければ下記商品に変更となりませんでしょうか?
 http://item.rakuten.co.jp/tireshop4u/hfull_xq5-1875510045/
 通常は価格がかなり高くなってしまいますが、納期にてご迷惑を
 お掛けしておりますので上司に掛け合い、同価格にて説得致しました。
 大変勝手なお話ではございますが、ご検討くださいますでしょうか?」
見てみると、元々オリジナルホイールに近いデザインを選んだのが
全く違うデザインです。
今一つ釈然としませんが、販売価格は1本が¥24,864。
本来頼んだものは、別のショップですが、4本で¥64,670。
差額は、¥34,786也。
文面通りなら、担当は上司に結構怒られたはずです。

まぁ、誠意を見せたってことで、許してやろうか

一昨日、現品が到着。
年末年始にかかることもあり、年明けまで古いスタッドレスで凌ぎ切ろうと思います。
BLIZZAK VRX の新次元の止まり方のレポは、またその後ってことで。
posted by たま。 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

Ski Log 2014 No.1

降雪した割に10日滑れなかった2013シーズン。
今シーズンこそは目標10日以上!と決意して、2014シーズン開幕です。

一足早いクリスマス寒波(?)で
1m超えのスキー場も出てきています。
が、2週間前のお話。

12/8。
現時点で営業中なのは、サイオト,ミズホ,大佐。
さて、どこにするか・・・サイオトに決定。
理由。「今行っておかないと、シーズン中2度と行かないから。」
そんな訳で、5年振り(笑)のサイオトへ。

8:00のリフト運転に合わせ、6:00に出発のつもりが、寝過して30分遅れ。
11月末の寒波で積雪があったようですが、1週間経っていることだし
まだ、交換してない(理由は別途)のでノーマルタイヤでGo!
山肌や路肩に若干のなごりがありますが、無問題で8:00に到着。
・・・・。
なんで、バスが5台も居るのぉ〜exclamation&question
まだ人工雪期間なのに、オカシイやろ。

支度して、チケット買って8:30。(初日なので5時間券を選択)
さぁ、2014シーズンを初めましょう。

リフト動いてるから、最初っからチャレンジコースへ上がります。
Ski131208a.jpg
メダリストコースの山頂付近には残雪がありますが、基本は人工雪。
しかも、前日降雨があった様で、グズグズ。
今も少し雨パラついています。
良かった、ウェアをパウダージャケットにしといて。

Ski131208b.jpg
この時間帯はまだ人も少なく、ビュンビュン行く人も多いですが
ワタクシは安全速度(笑)
悪雪に立った運動不足のオヂザンは、保守的になるものなんだよ。

5本/時のペースで2時間滑ると、だんだん人出が出て来ました。
Ski131208c.jpg
意外と初心者も多く(バスいたっけ)、結構気を使います。
リフトで同席した中年ボーダーと
「まぁ、雪悪いのに人が何とおいぃねぇ。」注:おいぃ=多い の方言
などと世間話をしつつ、3時間券で良かったかな。と思い始めます。

更に1時間経過。
Ski131208d.jpg
人出変わらず、気温も上昇してきたので
あっさり撤収!
やっぱ、3時間券で良かったやん・・・。
駐車場から、山口スバルに電話して、スタッドレスの脱着を予約。
16:00から作業の予約となったので、温泉は我慢して帰宅です。

昨シーズンより2週間早く開始した、今シーズン。
板も、ウェアも、ブーツも変わり映えしませんが、1つ追加のアイテムが。
コンプレッションウェアです。
ワコールのCW-X,ミズノのバイオギア,スキンズやアンダーアーマーがメジャーですが
どれも定価は¥10,000前後。安いものでも¥5,000と、チト高い。
で、ワタクシが導入したのが、メダリストクラブのT3x匠アルティメットレギングス
送料込みで、¥3,980也。
冬用にマイクロファイバーを使ったものもありましたが、圧縮にこだわってみました。

結論から言うと、素晴らしいexclamation
運動不足のまま、3時間滑ったのに疲労感はほとんどなし。
脚がうっ血して、リフトに座ると脚が引っ張られるようなあの感覚もありません。
更に、筋肉痛にもなりませんでした。腹筋はなったのに。
今シーズンは手放せないアイテムになりそうです。

あっ。

筋肉痛にならんと、筋肉強くならんがな・・・。
posted by たま。 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

Dive Log 2013 No.12

11月最後の日曜日。
恐らく2013シーズンラストになるであろう、ダイビングへ。

11月24日
天候:晴れ  気温:17℃。 風:WNW,2m。
波:0.5m。 水温:19℃。 透視度:10m。

等々、水温が20℃を切りましたが、先週平気だったので
そのままウェットでエントリーです。

1本目。ながいそ左
先週新発見があり、にわかに活気づく(?)ながいそです。
水も更に澄んできて、透視度10m。透明度は15mと言うところ。
サンゴイソギンチャクを目指してゆっくり進みます。

今回ワタクシは駆け下り下を移動。様子を観察です。
Dive131124c.jpg
だいぶ色が落ち始めた(?)コブダイが下りを先導します。
下は流石に少し白っぽい部分もありますが、視界もまずまず。
Dive131124a.jpg
岩陰でマトウダイが休んでいたり
Dive131124d.jpg
ハナハゼYGがぶんぶん泳いでいます。
普通の年なら、当り前の光景ですが、今年は良く4ヶ月でここまで回復した!
と、感じてしまいます。

ダンゴの根は、海藻が綺麗に無くなっています。
あっ、エツキイワノカワはほん少し残っています。
来年もダンゴウオの来訪を期待しましょう。

サンゴイソギンチャクへ取って返すと
Dive131124e.jpg
途中にハタタテダイ。
カメラが群がっているハズのサンゴイソギンチャクは・・・
あれっ、しゅんさんしかおらんがな。
どうも、ミツボシクロスズメダイは行方不明になった御様子。
残念です。

40分過ぎた辺りから、結構寒くなって来ました。
Dive131124b.jpg
キンギョハナダイも、カゴカキダイもいましたが、どうでも良いくらい寒い!
泳いで体を温めようとしましたが、ウェットスーツの肩が吊るしダメージで
薄くなっていて、そこから海水が流入するためかえって寒い・・・。
頭の中が「寒い」で一杯になりまがら、69分でエキジット。


すさりに戻って、急いでシャワーに駆け込みホッと一息。
さて、2本目を行くか、行かぬか、悩みます。
・・・・・
行っちゃうんだなぁ〜、バカだから。ワタクシ。

2本目。深まてかたビーチ。
こちらも、サンゴイソギンチャクを目指すコース。
実はこのコース。10月に見つけたルートなので、ワタクシお初です。

普通にエントリーして、砂地から右へ右へ。(北北東へ)。
昔、よっすぃ達と迷って行き着いた辺りの様です。
(あの頃は、100本未満ダイバーだったもんなぁ。)
金欄崎の岩壁沿いのちょい手前でしょうか。
瀬がずっと続いています。

瀬の上には
Dive131124f.jpg
まだまだ元気なトゲチョウチュオウオ。
その先には、キンギョハナ・・・、あれっ?
Dive131124g.jpg
さっ、サクラダイですかぁ〜?
首をかしげていると、ガイド様のスレートに、「サクラダイ!」の文字。
”ろく”の水深30mに居るひとが、なぜ、水深3mに?
早速、皆さんでかぶりつきです。
サンゴイソギンチャクは
Dive131124h.jpg
結構、拡がっていて、ちょっとした群落状態。
褐虫藻が抜けているので、白くて触手の先端がピンクの、お○ぱい状態でキレイ。(笑)
当然、ここにも居ます。クロユリハゼ。
こっちもまだまだ元気。
Dive131124j.jpg
見かけるけど撮り損なうスジアラも確保。
Dive131124k.jpg
40p位のクエは何が気に入らないのか、歯を剥いています。
食事中だったらしい
Dive131124i.jpg
アカハタは、口から魚のしっぽが覗いています。

寒くて耐えられなかったら、一人で帰る!
と宣言していましたが、色々見れて楽しかったせいか
66分頑張りぬいてエキジット。


現在、窓の外は強風で、明日は平地でも雪の予想が出ています。
やっぱ、シーズン終了かなぁ。
ウットの修理とBCの検討があるので、すさりには行きますが。

そうそう、ダイビングですさりに向かう時は、ここを参考にすると良いかも。
posted by たま。 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

田んぼが終わって2013

早いもので2013年も残り1ヵ月。
今年は猛暑のせいか、手抜きのせいか、米の出来が悪かった もうやだ〜(悲しい顔)
(何せ30%減。ギリギリなんとか自家消費分)

それはさて置き。
今年も、「収穫記念。秋のお出かけ。」に行って来ました。
去年と同じ11月の平日休み(通称ゴルフ休み)となっていた11/22。
今年、どうしても行っておきたかったけど、何だか気遅れのしていた
出雲大社方面へ出かけました。
行っておきたかったのは、遷宮があったから。
気遅れしていたのは、島根県のご縁の国戦略の大ヒットで
異常に若い女性の観光客が増えて、おじさんは足が向け難く感じてたから。

ちなみに、ご縁の国しまねのTopページのDAIGO。
あんたは島根出身やないやろ!(笑)
他にも有名人いるでしょぉ。
竹内まりや(絶対、出ないだろうな・・・)とか、
田中美佐子とか、江角マキコとか、森脇英理子とか、錦織圭とか・・・。

朝7時過ぎ。
平日とたかをくくって出発したら、通勤の車にまきこまれ、高速のICまで
予定外に時間がかかりました。
でも、松江道が部分開通(しかも一部無料)したので、時間の心配はないでしょう。
山陽道→広島道→中国道と進みます。
途中、山霧が出ている区間もありましたが、まぁ順調そのもの。
道路沿いの紅葉を見つつ、三次ICを通過。三次東JCから松江道無料区間へ。

なんですが、家を出た頃には晴天だったのに
Izumo131122a.jpg
なんですかぁ?この天気。(場所は道の駅たかの)
本線路肩には雪も残ってるし。山並みも雪景色。
Izumo131122b.jpg
一抹の不安を覚えつつ、先に進みます。

この、松江道。
片側1車線の対面通行なので、前に遅い車が居ると抜けません。
諦めてトロトロ走るんですが、ここで威力を発揮するのが、EyeSight。
前車との距離を維持しながら、勝手に速度を加減してくれるのでメチャ楽。
三刀屋木次の料金所まで、座席で脚を組んでました。

有料区間に入り、宍道JCに着く頃にはお天気も回復。
山陰道も斐川ICから出雲IC間はこれまた無料。
出雲ICからはR431に直結し、ほぼ真っ直ぐ(?)出雲大社へ。
出発から約3時間半。確実に1時間は所要時間が短縮されています。

Izumo131122c.jpg
天気もすっかり回復。
堀川そばの大鳥居も、青空に映えます。
なんですが、何か、人、多くね?
お社近くの駐車場に停めようと思っていましたが、旧大社町役場へ駐車。
天気も良いので歩くことに。

出雲大社も10年振りでしょうか。
当時の土日くらいに感じた人出が、今、平日の人出です。
お社に続く県道の両側を、ひっきりなしに人が歩いています。
駐車場の前には、順番待ちの渋滞・・・。良かった、歩きにして。
本当に流行っている様ですね。島根県(のこの辺り)。
通行人の半分は、40代以下の女性。
中にスーツ姿の男性が2〜3人で連れだっているのは、どこぞの自治体からの
視察でしょうか。

境内に入っても
Izumo131122d.jpg
人は多め。団体の観光客も結構います。
当然、拝殿には
Izumo131122e.jpg
長蛇の列。手水舎付近まで延びてます。
平日だぜ、平日。

ちなみに、手水の作法。
高千穂神社では、おまけで50%の出来でしたが、ここでは脅威の80%。
しかも、柄杓の柄を洗うところまで出来ている人多し。
それも、若い(ワタクシから見て)女性の正解率は、ほぼ100%!
出雲大社独特の、2礼4拍手1礼の参拝作法も迷いなく出来ています。
皆さん、お勉強して来ているんですねぇ。

Izumo131122f.jpg
60年振りに建て替わったお社も、青空に映えて清々しさ倍増です。
ただ、人が多くてどこから撮っても、人の頭が写るのが難点ですが。

参拝者をぼぉ〜っと見ていると、神様にお願いする必要のなさそうな人から
しっかり、お願いして行きましょう!な人まで、様々。
意外と、60代前後の両親or母親と娘さんの組み合わせも多いですね。
親孝行か、娘を心配する親心か・・・、両方だろうなぁ(笑)

Izumo131122g.jpg
本殿を一回りして、境内を後にします。
参道沿いの店で、出雲そばを食べようかと思いましたが、必ず寄っていた店はお休み。
他の店も店の外まで行列ができています。
そう言えば、ガラガラと木製の引き戸だった様な土産物屋なんかが
こ洒落たカフェ風にリフォームされています。
あぁ、ますますオヂサン着いて行けない(笑)

日御碕の方にも行こうかと思っていましたが、間違いなく混んでいるのでパス。
以前から母が行ってみたいと言っていた、奥出雲方面へ向かう事に。
一応、ワタクシ。事前のリサーチで、奥出雲町の温泉、蕎麦屋、名所を確認済でした。
が、
母の話を良く聞くと、旧佐田町辺りの事を言っているらしく、広島県境の奥出雲は
思いっ切り、検討違いでしたぁ!
まぁ、あの辺じゃ、須佐神社と出雲須佐温泉しかないので、話は簡単。
ナビに行き先を告げ、出てきたルートは、神西湖のそばを通るルート。
以前は、神戸川沿いのR184を通ってばかりなので、少々不安(笑)でしたが
出雲大社からなら、こっちの方が断然近い。
ただ、何もないので、途中で食事を取るつもりは空振り。
そのまま、須佐神社へ。

あれっ?
境内には、ワタクシと母しかいません。
5〜6年前のスピリチュアルブームの際の人出はどこ?
ご縁の効果は、松江〜出雲地区限定なんですかねぇ。
須佐神社周辺の様子は以前書いたのでパス。
お参りして、温泉(貸し切り状態)に入ってR54を戻るコースへ。

道の駅頓原で、カツ丼で腹ごしらえして
琴引フォレストパークの先に蕎麦屋を発見し、「しも〜たぁ〜。」
と悔みつつ(まぁ、カツ丼意外と美味かったから良いか。)
三次から高速へ。
16時過ぎに帰宅となりました。

それにしても、すごいぜ、ご縁の国戦略。
暫く、オヂサンの足は出雲から遠のきそうです。(笑)
posted by たま。 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする