2013年11月27日

Dive Log 2013 No.11

もうすぐ11月も終わり。
ワタクシの2013ダイビングシーズンも、そろそろ終わりです。
が、このままでは20ダイブに届かない( ふらふら )ので
悪あがきで潜ってきました。

11月16日
天候:晴れ  気温:16℃。 風:NNE,1m。
波:0.5m。 水温:20℃。 透視度:3〜8m。

今日は、ガイド様、しゅんさんと3人。
全員エモノは防水コンデジ。
みんな、でっかいカメラやビデオ持ってるのに (笑)
時代は変わった・・・。

1本目。ながいそ左!
水害以来、4ヶ月ぶりのながいそです!

波打ち際から砂地にかけては泥もなく、水もキレイで海藻が復活しています。
但し、駆け下りの底には、まだまだ泥が残っているようです。
水も少し白っぽくなって来ます。

駆け下り入口には
Dive131116g.jpg
クロホシフエダイ。
スジアラも見かけます。

駆け下らずに(笑)横に進と
Dive131116h.jpg
カゴカキダイ。
あ〜んど
Dive131116i.jpg
キンギョハナダイ。

駆け下りの下は、まだ海藻も復活しておらず、ちと寂しいので中層より浅い辺りを
そのまま左(西)へ。
潮に濁りが乗っていたのか、一瞬真っ白。
ガイド様のベルが聞こえていますが、さて、どっちだ。
サンゴイソギンチャクでカザリイソギンチャクエビを撮ってると踏んでそちらへ。

Dive131116f.jpg
んっ。しゅんさんが、かぶり付きで何か撮っています。
良く見ると、イソギンチャクに小さな黒い魚が。
Dive131116a.jpg
えっ?クマノミ??
ガイド様のスレートにも、同じ言葉が。
確かに、南へ行くと、イソギンチャクの周りに、クマノミとこの黒いチビが。
取り敢えず、撮っときましょ。

Dive131116d.jpg
正面
Dive131116e.jpg
側面。

時々、箸休めに
Dive131116b.jpg
カザリイソギンチャクエビも。

しこたま撮影し、エキジット後に図鑑で確認することに。
鑑定(笑)の結果、ミツボシクロスズメダイと判明。
いや、ワタクシ。沖縄等でイソギンチャクの周りにいるコイツ等を
ず〜っと、クマノミの幼魚と勘違いしていました。
いやぁ〜、恥ずかしい あせあせ(飛び散る汗)

2本目は、しゅんさんデジイチに持ち替えて、ミツボシクロスズメダイ激写 exclamation
に向かうので、パスしました。

今年は、季節来遊魚(死滅回遊魚とも言う)の種類が豊富ですねぇ。
今回でようやく20ダイブに達しましたが、も少し潜るかなぁ。

Dive131116j.jpg
ミツボシクロスズメとエビのコラボで、本日終了。
posted by たま。 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

シャンプーみたいな

スバル車に乗って、かれこれ20年になります。
元はと言えば、インプレッサがランサーか悩んでいて、先に立ち寄った三菱で
「もうGSRはないですねぇ。RSなら何とかなるんですが。」
と言われ、とっととスバルに向かったのが最初です。

そこで、足を運んだのが、山口スバル徳山店
そんな、徳山店が徳山西店と合併して周南店になり、現在の徳山西店へ統合。
徳山店の店舗が廃止になることになりました。
日曜日(11/10)、見納めに行って来ました。

I 課長は留守で、サービスのTさんが対応してくれます。
T 「本日は、どんなご用件ですか。」
た 「見納めに来ました。
T 「・・・・。」
Tさん、絶句です。

流石にまずいかなと思ったので、
た 「あの、シャンプーみたいな、化粧品見たいな名前の新車の情報って?」
などと、その場で用件を考えます。
T 「LEVORG (レヴォーグ)ですね。」
Tさん、カタログらしきものを取ってきます。
受け取ってみると・・・ 何だか、HPを印刷したみたいな中身です。

た 「これだけ?HP並みですねぇ。」
T 「東京モーターショーまでは、秘密なんです。」
た 「ふぅ〜ん。こいつの位置付けって。」
T 「それはですね・・・ 」
以下、要約。
@ 元々、レガシィ ツーリングワゴンは、国内販売だけで海外ではB4とアウトバックしか
  売っていない。
A 現行レガシィは、でかく、高価になったせいか、イマイチ売れない。
B どうせ国内でしか売らないなら、元に戻してしまえ。ついでに、B4とアウトバックは
  もっとでかくしてしまえ。
と、言う結論にスバルは至ったみたいです。
てな訳で
C 現行BRレガシィは、2014年で終了。それに合わせてツーリングワゴン廃止。
D ツーリングワゴン専用で、BPレガシィ(前の型)と同程度の大きさで
  フルスペックの2.0DIT(ハイオク仕様)とダウンサイズの1.6DIT(レギュラー仕様)
  の2本立てにする。
E EyeSightは次世代版を装備。(後方誤発進防止、ブレーキランプ認識 etc...)
F B4はクラウン並かそれ以上に大きくなるそうな・・・。

なるほど。納得しました。
3年後、ワタクシの経済状態が破綻してなければ、次はLEVORGになりそうです。
出来れば、トランスミッションはCVTではなく、デュアルクラッチにして欲しい
ものです。FITだって採用ってるんだから。
CVTダメ。いらいらする・・・。

ついでに、ホイル付きで買い替え予定のスタッドレスタイヤの、廃タイヤ処分だけを
頼めるか確認して、20年お世話になった徳山店を後にします。

店舗の移動で、徳山ボートの開催の度に渋滞に悩まされることは無くなりそうです。
(アッキーナが来た時は、特にヒドかった・・・)
10km近く遠くなるのと、笠戸島や大島半島のような、車の素性をチェックできる
試乗コースが無くなる
のは、チト問題ですが。
posted by たま。 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

Dive Log 2013 No.10

LUMIX FT5 を購入して、最初の週末。(まんま1ヵ月前あせあせ(飛び散る汗)
早速、浸水進水式にすさりへGo!

10月6日
天候:晴れ  気温:27℃。 風:NE,3m。
波:0.5m。 水温:25℃。 透視度:8m。

この日はゲストはワタクシのみ。
周りを気にする事なく、試運転に没頭できます。
一応、ステーとダークバスターは用意したのですが
アドバンスド水中撮影モードを一番弱く設定して
本体のみ(もちろんマリンケース使用)で持ち込んでみます。

1本目。深まてかたビーチ。

前回よりも透明度は回復しています。
コースは特に考えず、気の向くまま進みます。

Dive131006a.jpg
まずは砂地をパチリ。
肉眼では、もう少し白くて緑っぽいんですが、結構青く撮れてます。
Dive131006b.jpg
続いて砂地奥の根をパチリ。
結構、被写界深度は深いようです。(写真小さくて解りませんが)

沖の根でコブダイを撮ったんですが、長年ビデオばっかりだったせいか
被写体に寄るってことが、出来ません(笑)
まぁ、ビデオは光学10倍が標準だから、寄る必要ないもんなぁ。
あと、これもビデオの癖か、泳ぎながら撮っちゃうんですよねぇ〜。
いくら手ブレ補正が付いていても、体が浮いてちゃねぇ。

ステージお馴染みの、クロユリハゼは
Dive131006c.jpg
無加工では、こんな感じに白っぽく。
どうも、水のせいだけではない気がします。
Dive131006d.jpg
コントラストを20ポイントくらい強調すると、こんな感じでそれなりになります。
まあ、ソフトで赤みを+補正しているのがどう影響してるかは、
沖縄みたいなトコロや、真夏の海で撮ってみんと解らないかも。
ちなみに、浅い所では
Dive131006e.jpg
それなりに色が出ます。
・・・・うん。
水中写真には、フラッシュが必要ってことだね。

78分間、ほぼ泳ぎっぱなしでエキジット。


2本目。当然、深まてかたビーチ。

2本目も、泳ぎっぱなしの徘徊ダイビング(笑)
ドロップでコケギンポに寄ってみます。
Dive131006f.jpg
50%サイズの状態で、周辺をトリミング。
まぁ、1750万画素(有効1650万画素)ですから、解像感は無問題。

ドロップの隣の根で、六ちゃんハタタテダイを発見。
Dive131006h.jpg
Photoshopにおまかせで修正したら、少しクドイか。

今日のチョウチョウウオ。
1本目はトゲチョウだったので
Dive131006i.jpg
(ただの)チョウチョウウオ。
あ〜んど
Dive131006j.jpg
チョウハン。

見れそうなものをあらかた見て(カメは除く)、72分でエキジット。

エキジット後、Lumix本体で動画を確認しましたが・・・
まぁ、なんて綺麗。
6年前のHDビデオでは、到底かないません。
悲しくなるくらい・・・ たらーっ(汗)

高かったんだけどなぁ〜、ビデオ。
取り敢えず、100本以上溜まっている、DVの整理で余生を送ってもらいましょう。


宿題は、Lumix本体を使っての動画からのフォトショット機能が
あるのか、無いのか解らないこと。
取説は付属のディスクからPCへインストールせんといかん様で。
取り敢えず、AVCHDのファイルをそのままPCに取り込んで、
WinDVDで再生してそのキャプチャ機能を使って見ました。
Dive131006k.jpg
ざん。

ちなみに、ディーガのSDスロットに入れて再生できるか試したら
型式が古くて写真しか見れませんでしたぁ。
ちぇっ。
posted by たま。 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする