2013年10月30日

コンパクト

さて、Dive Log 2013 No.9で防水コンデシに興味深々のワタクシ。
一通りメーカーのラインナップを調べてみます。

NikonCanon富士フィルムOLYMPUSPENTAXSONYPanasonic
どのメーカーもほぼ同じ仕様、性能の機種を発売しています。
OLYMPUSだけ、ボディの真ん中にレンズを配している以外は、デザインまで似てます。
スマホに市場を喰われているので、バリエーションを増やしてるんですね。

ここで、第1のフルイ。
いくら本体が防水でも、たかだか15m。
ダイビングに使うには、当然防水ケースが必要です。
この時点で、Nikon,富士フィルム,PENTAX,SONYが脱落。

残る3社で、第2のフルイ。
Canonは発売が一番古いせいか、録音がモノラルだったり、
フルハイビジョンのフレームレートが24fpsだったりと
動画性能で一歩劣ります。
ビデオからの置き換え(変える気かい!)には不足です。
よって脱落。

残るは2社。
OLYMPUSはコンデジでいち早く防水ケース(防水プロテクタ)を発売する等、
この分野には力を入れている会社。
ボディの真ん中にレンズを持ってきて、外付けレンズを使えるように設計して
いる当りも、マーケティングが明確です。
一方、Panasonicは、AVCHDプログレッシブ撮影(60fps)が可能と、
動画性能では先に落選したSONYと並び、最高性能です。
拡張性か、動画か。
ここが悩み所でしょう。
買うんだったら(笑)



Lumix131003a.jpg
LUMIX FT5買っちゃったぁ〜ぃ。(笑)
楽天ゴールデンイーグルス、パ優勝記念セール(いつの話じゃ)につられて。
とか、言いつつ、購入は楽天市場ではなくAmazon。
家電品は、意外と安くないんですよね。楽天。

本体は、シルバーとオレンジの2色しかないので
Lumix131003b.jpg
当然、オレンジ
水中でも、雪の上でも目立つから。

Lumix131003c.jpg
防水ケース(マリンケース)は、透明ポリカーボネート。
無駄な空間が無い様に作られているせいか、ウエイトが付いていません。
浮力が"+"か"−"かは、海に持ち込んで調べましょ。

動画性能は、今のHDVよりかなり上のスペックのはず。
それが、一式¥5万でおつりが来る。
世の中、進んで行くんですねぇ。
ビデオとの置き換えは、1回使って決めましょう。

ビデオは本体とハウジングで¥34万もしたんだよねぇ・・・。
posted by たま。 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

Dive Log 2013 No.9

あぁ〜、まだ9月のが残ってたぁ。
飛ばそうかと思いましたが、次のネタが書けないので。

9月22日
天候:晴れ  気温:27℃。 風:NNE,5m。
波:1.0m。 水温:25℃。 透視度:1〜5m。

今日は去年の花火以来の、マリンハウス シーパラダイスご一行と一緒。
ぽん太さん以外全員女性のシーパラさんと比べ、すさりチームは
朝7時から”すぷまん”に行って来た、しゅんさん。Tおやじ。がんもちゃん。と、男ばっか。

1本目。深まてかたビーチ。
気を抜くと、ガイドロープも見失う程の濁りですが、勝手知ったる深まてかた。
迷うことなく、砂地へ。

Dive130922a.jpg
3種類の異なるヒメジ類、ウミヒゴイ,タカサゴヒメジ,コバンヒメジ。
なぜか一緒に行動中。コバンヒメジがやや嫌われ気味。

画像は、当然、補正してます。
Dive130922b.jpg
元は、こんなですから。

少し、しつこいですが
Dive130922d.jpg
今年は、クロユリハゼの当たり年。
ステージ近辺では10匹前後で群れています。
他でもペアでうろついていたり。あっちこっちで見れます。

そんな足元?(海底)では
Dive130922e.jpg
ニジギンポが卵を守っていたり
Dive130922c.jpg
アイゴの幼魚がバッタの群れの様に海藻をついばんでいたり。
普段の魚も活発です。

そんな普段の魚で、映像が伝わり難いのが
Dive130922f.jpg
カタクチイワシの群れ。
キラキラ光って綺麗なんですが。
全然、伝わらない・・・。(だろうなぁ)

今日のチョウチョウウオは
Dive130922g.jpg
トゲチョウチョウウオでした。

意外と短く68分でエキジット。


朝から潜ってるしゅんさんと、用事のあるがんもちゃんは、1本(?)で終了。


2本目。やっぱり深まてかたビーチ。
やや波が上がり、場所によっては透視度1m也。

沖の根で見つけたのは
Dive130922i.jpg
ミナミギンポの成魚。
テンクロスジギンポと思って撮影してたので、ちょっと残念。

ステージに戻ると、岩陰に
Dive130922j.jpg
ミナミ・・ではなく、ハコフグYG。
今年はミナミハコフグYGは見れなさそうです。
まぁ、良く似てるから良しとするか。

ステージと砂地奥の境に
Dive130922k.jpg
オジサン。
1本目ヒメジに始まり、2本目ヒメジに終わる。
62分でエキジット。

アフターダイブで、ぽん太さんとガイド様とシーパラのお客さんとで、
OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough の話に。
要約すると、
・防水デジカメだから、ハウジングが水漏れしても平気。
・曇っても最悪、ハウジングに水入れてじゃばじゃばやるとOK。
・フルハイビジョンで動画も撮れて、かなり綺麗。
・水中モードを使えば、ライト無しでも色が出る。
と、「これ1つでいいやん。」的な結論に。

今のビデオを2007年9月から使って、少々ガタが来ているワタクシとしては
少なからず心が動かされる話題でした。

ただ、小さ過ぎて安定感に欠けるのが、イマイチ気になりますが。
posted by たま。 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

小銭

toto BIGがまた当りました。

¥570

当選は、今年3回目です。
全部で、¥1,440・・・。

3回当っても、ドリジャンの¥3,000以下です。 ふらふら
もう、ネタ以外の何物でもありません。
はぁぁ〜っ。

そう言えば、職場のコーヒーの自販機。
当りが出ると、「ピィぃ〜〜。」
と音がして、
投入した金額が、「ちゃりぃん。」
と返って来ます。
それも、ほぼ週一のペースで当ってます。

こっ、小銭かぁexclamation 小銭にしか、縁が無いのかぁexclamationexclamation×2

一度、7桁以上の当りにお会いしたいものです。
出来れば8桁。
(本音を言えば、9桁。)

未だ6等すら当っていないロト7なら、
小銭と縁が出来て無いからいけるかも・・・。
posted by たま。 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

Dive Log 2013 No.8

えぇえ〜、溜まっちゃったんでサクっと。(笑)

9月15日。
天候:曇り  気温:27℃。 風:NNE,5m。
波:2.0m。 水温:27℃。 透視度:4〜8m。

今日は台風の影響で波が上がり調子ですが、ボートで2本。

1本目。トラスリーフ。
途中まで「ろく」へ向かっていましたが、波も1.5m程度あり
安全を考えて、トラスリーフへ変更です。
すさりチームのおっさん3人(60代、50代、40代)だけなら、行くんですが。

生き物はいつも通りですが、新顔も。
Dive130915b.jpg
秋の訪れを告げる、キンメモドキ。
崩れた漁礁側(沖側)には、幼魚の小さな群れ。

でも、まぁ、魚食魚の餌なんで。
Dive130915c.jpg
早速、ミノカサゴに狙われます。

それどころか
Dive130915d.jpg
イサキYGにも狙われます。
まぁ、難儀な。

辛うじて建っている側(陸側)には
Dive130915i.jpg
何とか成長したキンメモドキ。
まだままだ、量は少なめ。
いつもは、向こうが見えないくらい湧くんですが。

前回、ヒゲしか写らなかった
Dive130915e.jpg
オトヒメエビも、今回はハサミまで。
3匹に増えてました。

毎度、岩の様に動かない
Dive130915g.jpg
オニオコゼも健在。
相変わらず、動きません。頑として。

イシダイYGは
Dive130915j.jpg
群れを作って乱舞中。
透視度8m程度ですが、以外にも青く写ってます。

季節来遊魚が多い中、何故か遅れていた
Dive130915l.jpg
ホンソメワケベラも、クリーニングステーションを開業。
小さくて判りませんが・・・。

結構楽しんで、51分でエキジット。

さて、問題は2本目の行き先。
波は更に高く、水も濁りぎみ。
結論。

2本目。ボートで深まてかたビーチ!

金蘭の松島より内側。
すぷまんのラインの少し手前にエントリー。
砂地に海藻。透視度4m。
どっ、どこよぉ〜、ココ! (笑)
Dive130915m.jpg
濁り+曇天で、ライト点けないと結構暗い。

ビーチ側にチョイと移動すると、見覚えのある岩場。
Dive130915n.jpg
貴の根のそばだったのね。
場所さえ解れば、もう安心。
逸れても、コンパス見ながらビーチエキジット出来ます。(笑)
(いやいや、やっちゃいけないけど。)

岩の隙間をちょこちょこ覗いたり、砂地に這いつくばったりして
58分でエキジット。

エキジット後、○木さん家の息子さん(小学生からダイバー!)が
すっかり、声変わりしている話になり、
た 「そう言えば、この前、おくちゃん家のめいちゃんが、お酒飲んでてびっくりした。」
ガ 「体験で始めて来た時、小学生でしたもんねぇ〜。僕らおっさんになる訳だ。」
た 「あはははははははっ・・・。」

ちょこっと黄昏たアフターダイブでした。
posted by たま。 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

秋本番

10月に入りました。
実りの秋です。
と、なると
実りを狙ったヤツ達の出没が懸念されます。

夏前に現れた
Ino130630f.jpg
コイツは、最近とんと姿を見せませんが、
近所の裏山の栗林で、「ぶひぶひ」言わせている(言っている)ようです。
道路にも糞が落ちてたりします。
野生動物なら、獣道を通れよ、獣道ぃ。舗装路じゃなくてぇ・・・。

去年の様に、田んぼの中を走られてからじゃ遅いので
Tanbo130916a.jpg
今年は、9月半ばに防獣ネットの設置を開始しました。
まだまだ、稲が青いですね。
今年も隣家と共用できる部分は共用し、設置距離をできるだけ抑えます。

Tanbo130916b.jpg
あらかた設置を完了する頃には、夕暮れ。
ネットを張り切れなかった場所は、取り敢えずフラッシュライトを設置。
翌日、姉夫婦に仕上げてもらい、ワタクシはダイビングへ(笑)

翌週、適当に立てられたライトの位置を調整します。
山の陰になり、日照時間が短い場所には
Tanbo130916c.jpg
赤のみのトラディッショナル(?)なやつや
Tanbo130916e.jpg
赤・青点滅の電池式を配置。
道路や畦からの高さを、約70p程度に調整します。

長時間日が当たる場所には
Tanbo130916d.jpg
ソーラー式のアニマルパンチ×2。
(但し、どう見ても工事現場の三角コーン用)

今年はアニマルパンチの光量がイマイチなので、別のソーラータイプを導入。
Tanbo130916f.jpg
ネジ式の取り付け部があるので、杭への取り付けも楽。
ただ、どう見てもやはり工事現場用。(丸鋼管に取り付け用)
しかも、アマゾンで売ってました。
どこまで守備範囲広げるねん、アマゾン。
でも、思ったほど明るく光らないので、ハズレかなぁ。

お彼岸の時点では
Tanbo130916g.jpg
まだまだ、熟れ具合はこの程度。

ちなみに、刈り入れは、次の3連休の予定。
山一つ向こうでは、サルの群れが出没した模様。
やはり、ステアー持っての夜回りが今年も必要なようです。
posted by たま。 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする