2013年09月24日

Dive Log 2013 No.7

10月の稲刈りを控え、9月は潜り溜めで毎週潜ってます。 (笑)
ただ、例年通り、週末の海況はイマイチですが。

9月7日。
天候:雨  気温:23℃。 風:NE,2m。
波:1.0m。 水温:27℃。 透視度:1〜4m。

今シーズン初の雨降りです。心配なのは、水の濁り。
まだまだ、土砂の崩落跡から、泥水は流れ放題ですから。

着いてびっくり、ゆら〜のが!
一緒に潜るのは、5〜6年ぶりじゃないかな〜。
(一緒じゃなくなるかも知れないけど。(笑))

1本目。深まてかたビーチ。
みなさんがフィン履いたりしている間に、エントリー口周辺をシュノーケリング。
すると
Dive130907a.jpg
チョウハンYG発見。
これ、以前流れて来た時に、見逃してたんだぁ〜。
暫し追跡。@水深50p(笑)
水面付近には
Dive130907b.jpg
10pくらいのマイワシの小さな集団。(見難いけど)
その向こうに、40p級のクロダイ。
潜る前から楽しめます。

砂地へ移動開始すると、予想通り濁りが酷くて視界は2m程度。
長年の経験と勘で無事に砂地に到着するも、誰もこんがな。
安全確認し浮上すると、水面でガイド様から、
「あっちにズレて移動してる。」のサイン。
到着予想位置の砂地出口で無事合流。

砂地奥→東町を通り、ステージの端に当ります。
ステージの瀬の上には
Dive130907c.jpg
大きくなったクロユリハゼ。
しかも
Dive130907d.jpg
ペア。
暫し撮影しつつ、横を通り過ぎようとしている六海くんに
クロユリハゼをアピールするも気付いてもらえず。

岩の隙間には、前回ビーチで謎だった
Dive130907e.jpg
コイツが再び。
何の幼魚だろう?まさか成魚?
と、再び悩んでいると、回答がそばを通過。
Dive130907f.jpg
クエと同じ柄なんですねぇ。
画像の関係で判り難いけど・・・。

なるべくみなさんと逸れないように気を付けつつ
57分のビーチでは10℃台の水温と同じ時間でエキジット。
もう1度チョウハンを探したエントリー口には
Dive130907g.jpg
なぜか、カゴカキダイ。

今回、ブランクや経験本数の少ない人ばかりなので、
総潜水時間が600時間を越えるワタクシは、少々もてあまし気味。
これを見て取ったガイド様の計らいで、2本目はガイド様バディーで別行動。


2本目。当り前田の、深まてかたビーチ。
砂地には、波に転がる(少々底揺れしてます。)
Dive130907h.jpg
タツノイトコ。
元々泳ぎの苦手な魚なので、もう、揺らされるがまま。

ステージをかすめて、ドロップへ。
濁りの奥からいきなり
Dive130907i.jpg
イシダイが集団で、ドンッと出てくると驚きます。
ぶつかりそうだし。
ドロップの穴には、今のところオキナワベニハゼは着ていません。

ステージに戻り、ちょいと沖の根を目指して進んで行くと
でたぁぁ〜、カメだぁぁ〜
ビデオを構えますが、濁りのせいでファインダー越しでは姿が見え難い。
後で確認したら、手前の浮遊物にピントが合ってました。 (泣)

カメを見たので、沖の根行きは止めてオヤビッチャの根へ。
Dive130907j.jpg
今年のオヤビッチャは大きいです。
間違って産卵とかせんかな。
あとは
Dive130907k.jpg
ミナミギンポやセダカスズメダイ、チョウチョウウオなんかも。

帰りがけに浅瀬でチョウハンを探しましたが、発見出来ず。
どこに消えたんやろ。

視界は残念ですが、今年の海は流れ者が豊富。
まだまだ探せば、なんか見つかるかも。
天神島西なんかにも、何か流れ着いていそう。

てことで、次はボートです。
posted by たま。 at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

秋の準備

早生の栗も落ち終わり、柿の実も色が付き始めました。
皆さんは、栗ご飯、もう食べましたか?

生り物が実ってくると、心配な事があります。
Saru130526.jpg
コイツ等です。(資料映像)
春先のタタカイは完全勝利でしたが、万全を期すため
予定通り長物を入手しました。
たいちゃんのファーマスを活用しようかとも思いましたが、
修理が必要そうなので新調することに。

機種を随分悩みましたが、威嚇用なので派手な弾幕(?)が張れる
東京マルイのハイサイクルモデルを選択。(何せ、25発/秒!
その中でも、発射速度と見た目と在庫から、ステアーHC ブラックを選択。
ポイント稼ぎ目的で、先日の楽天スーパーセールに合せて、
ホビーショップワゴンイチさんで¥25,575で購入です。
別売りのバッテリー&充電器は、ミリタリーキングさんのオリジナルを
それぞれ、¥2,415&¥1,144で購入。(送料はポイント使用)
〆て、¥29,134也。(農業の経費で落とせるかなぁ・・。)

どちらも中1日で到着。
Gun130906a.jpg
ステアーの方は箱が無かったのか、えらく大きな箱に大量の新聞紙の玉と入って来ました。

箱を開けると
Gun130906b.jpg
こんな感じ。
本体、グリップ、掃除用ロッド、取り説とBB弾が少々。
基本、先に購入したH&K USPと同じ梱包内容です。(そりゃ、そう)

Gun130906c.jpg
バッテリー&充電器は、プチプチに包んで1梱包。
中国製ですが、まぁ、純正品も作ってるのは中国だろうし。
あまり気にしないことにしています。

早速、バッテリーを充電して電源接続してストック内に収納。
マガジンにジャラジャラとBB弾を流しこみます。(330発入る!)
セレクターをセミオートにして、単発で撃ってみます。
おぉぉっ。速い。
H&K USPより20m/s(72km/h)近く速い弾速は流石に違います。
(初速85m/sなので、時速だと306km/h)
次に、フルオートに切り替えて引き金を引くと
ブァラララララ的な音を立てて、BB弾が水鉄砲の水のように飛んで行きます。
これは、面白い。
至近距離から食らえば、サルどもも腰を抜かすことでしょう。
(10秒ちょっとでマガジン空になるけど)

Gun130906d.jpg
この2丁で、威嚇準備は万全でしょう。
流石に、イノシシには効くか判りませんが。

さあ、来い!サル!!
(できれば、来て欲しくないけど・・・。)
posted by たま。 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

試してみました

早いもので、もう9月です。
秋雨のおかげか、先週あたりから少し涼しくなって来ました。
雨はやですが。 (嫌と言うより恐怖かも)

この夏は異常に暑かったので、エアコンの効いた室内で過ごしがちでした。
そのせいか、困ったことに。

お腹が、自分史上最高にたぷたぷです。

うぅ〜ん、これはマズイ。
スーツ(殆ど着ません)のパンツや、ウェットスーツ(良く着ます)が
着れなくなったら、どないしよう・・・。
ただでさえ、18年間使ったエアコンが壊れ、予定外の出費がかさんだのに。
(木造14畳以上の部屋用で、¥20万円也。)

服に体を合わせなきゃ。

そんな理由から、発作的に走ってみました。
とは言え、8kmを越える歩行や駆け足(距離不明)をすると、右膝が痛み出すのは判っています。
尚且つ、消防隊の駆け足以上に”走る”って行為は恐らく、職場のテニス同好会に混ざっていた時以来(17年くらい前)してません。
そう、いきなり走るのは、とっても危険です。
そこで、様子見のために、走りと歩き半々で回ってみることにしました。
秋に良く歩く、アップダウンの少ない5km程度のコースにします。

先ず、速めに歩いて心拍数を上げながら軽いジョギングに切り換えます。
速度は、消防訓練の時に行う、連続歩調が出来るくらいの速さです。
うぅ〜ん、伝わるかなぁ〜??
(要は、オジサンが掛声を出しながら走れる速度です。)
この程度なら、キツくも何ともありません。
全行程走れそうですが、あくまでお試しなので、歩きを混ぜます。

途中にある中学校では
Run130825a.jpg
カエデ(科の何か)の実がプロペラを付けています。
秋ですねぇ〜。
途中、歩いている人とすれ違いますが、走っている人は皆無。
まぁ、田舎ですから。歩いている人も若くないし。 (笑)

ずっと川沿いの道なんですが、途中
Run130825b.jpg
田んぼに大豆を植えているのを良く見かけます。
同じ場所は、春先は麦だった気がします。
多分、農業法人が管理している田んぼなんでしょう。
最近、高齢化で稲作を止めるか人に頼む人が増えているので、
転作作物として、麦や大豆を良く見ます。
儲かるんかなぁ。
その内、参考にしよっ。

予定のコースを30分程度で回り帰宅。
滝の様な汗をシャワーで流し、 ビール が美味いぜっ!
あっ、しまった・・・。

問題の膝は、当日は平気でしたが、翌日から2日間痛みました。
やはり、ランニング・ジョギングは無理かなぁ〜。
次は、スポーツサポータを装着して、試してみます。
予定外の出費は、エアコンだけで十分ですから。
posted by たま。 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする