2018年01月31日

Ski Log 2018 No.3&4

溜まって来ました。
2週続けて同じ所へ行ったのでまとめて、比べながら。

1/6(土)
雪はなさそうですが、3連休なので。
Ski180106a.jpg
気温も高いですね。
で、1/13(土)
5時に起床して道路交通情報を見ると、浜田道が通行止め。
そのまま、2度寝に突入(笑)
翌1/14(日)
Ski180114a.jpg
寒波がひと段落付いたせいか、そんなに寒くありません。
しかし、そこは2018年最初の寒波。
Ski180114b.jpg
広島道は雪景色。
ミズホに向かうつもりが、車の75%が中国道上り方面に向かうので
あっさり挫けて戸河内方面へ。
加計西トンネル出口付近。1/6は
Ski180106b.jpg
こんな状態。1/14だと
Ski180114c.jpg
こんな感じ。車の量も倍ぐらい。
と言う事で、多い日も安心な恐羅漢スノーパークへ。
県道257も、1/6は「スタッドレス、要る?」状態でしたが、1/14だと
Ski180114d.jpg
標高400m付近でこの状態。
Ski180106c.jpg
地面が薄っすらだった雪は
Ski180114e.jpg
1mは余裕でありそうです。
Ski180106e.jpg
どんより見えてたゲレンデは
Ski180114f.jpg
スコーンと良い視界。
Ski180106f.jpg
ガラガラだった駐車場は
Ski180114g.jpg
なぜか、やっぱりガラガラ。違いは誘導員がいる事。
ちなみに、1/6の気温は-1℃でした。
Ski180114h.jpg
1/14はこうなります。まあまあ、寒い。
同じ5時間券を購入し、1/6はメンバーカードのシーズン初回割で¥1,000引きです。
まぁ、駐車場代がタダなので、コスパはやっぱ高いです。恐羅漢。
コンディションは、1/6は根雪50p上に新雪3pでしたが、1/14は170pです。
立山尾根コーストップの景色も
Ski180106g.jpg
こんなから
Ski180114j.jpg
こう変わります。 いやぁ、晴れてるって気持ち良い・・・。
国設側(って、今は言わないか)の様子も
Ski180106h.jpg
こうが
Ski180114k.jpg
こうなります。
ブナ坂第3ペアリフトからの眺めは
Ski180106i.jpg
こうだったのが
Ski180114l.jpg
こうなります。 目を転じれば
Ski180114m.jpg
こんな景色も。 雪って良いよね。(遊びの時なら)
山頂の樹氷(or霧氷)も
Ski180106j.jpg
これから
Ski180114r.jpg
これへ。(この後もずっとこんな感じが続きます)
山頂看板付近は
Ski180106n.jpg
この寂しさが
Ski180114p.jpg
この美しさ。
毎回写すブナ坂コースの途中は
Ski180106k.jpg
これから
Ski180114o.jpg
これへ。 ついでに麓側を向くと
Ski180106l.jpg
こうが
Ski180114s.jpg
こうへ。
2時間滑って一休み。
レストハウスへ向かう連絡コースは
Ski180106m.jpg
カッチカチの状態が
Ski180114t.jpg
ふわふわ(後ボコボコ)へ。
休憩後、1/6はブナ坂、ヒエ畑をローテー。
1/14は雪があるので、かやばたへ行ってみます。
Ski180114u.jpg
既にコブコブ状態で、ふかふかはありません。
Ski180114v.jpg
こっちの方が判る(?)かな。
1本で止めておいて、結局、国設側へ移動です。
2日とも、4時間半満喫し帰路へ。
1/14にブーツを脱ごうとして、おかしな事に気づきます。
Ski180114z.jpg
バックルのステーが曲がってるがな・・・。
ICチケットを戻しに行く時に階段で何かに引っかかった気が。
しも〜た!あれか・・・。
ちょこっと凹みながら帰路に付きます。@1/14。
1/6は、道に雪もほとんど無く何事もなし。1/14は
Ski180114y.jpg
大規模林道へトラックが乗り捨てられていました。
どうやって帰ったんだろ。

スキーログをさぼっていたせいか、土曜日滑りに行ってブーツを履くまで
バックルの故障を忘れてました。
物忘れは、トシのせい・・・。

1/14は調子に乗って写真を撮りまくったので、も少し載せておきます。
山頂、樹氷。
Ski180114q.jpg
山頂、連絡通路
Ski180114w.jpg
山頂、ブナ坂コーススタート
Ski180114n.jpg
ブナ坂コース途中
Ski180114x.jpg
posted by たま。 at 23:34| 山口 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

Ski Log 2018 No.2

12月前半、あんなに降った雪がすっかりどこかへ行ってしまっています。
結構降った今朝の雨も、山には全く影響ないみたいだし・・・。
期待外れのシーズンになるのか?!

12/30
昨日から冬季連休。
雪の便りは無いものの、じっとしてるのもつまらないので、芸北方面とだけ決めて出かけます。
Ski171230a.jpg
微妙な気温です。
山陽道を走っていると
Ski171230b.jpg
既に下りは渋滞しています。(判り難いとは思いますが)
6時半でっせ、まだ。大変だぁ。
恐羅漢か芸北国際か迷っていましたが、何となく加計ICで降りてしまい、芸北国際に決定。
R186を順調に(てか、車が全然いない)走っていると、六反原トンネルを抜けたところに、通行止めの看板が・・・。
このせいか、車来ないの。
失敗です。予め広島道路ナビで調べておけば良かった。
看板の指示に従いう回路へ。
Ski171230c.jpg
どこよ、ここ。
人家も希な道をずんずん進むと、県道40号とR186の交差点付近へ無事合流。
その後は2ヶ所の工事以外は特に問題なく
Ski171230d.jpg
芸北国際が見えて来ました。
本日も国際エリアには目もくれず
Ski171230e.jpg
ひたすら、おーひら&カケズエリアです。
到着時間はリフト運転開始の8時。でも、駐車場は1割の入り。
巡回バス停の横3列目に余裕で駐車です。大丈夫か、こんなんで。
芸北国際は、いつもの4時間券。¥3,500でミズホのシニア1日券と同額。
うぅ〜ん。なんだかなぁ〜。
ちなみに、ここのシニア券は55歳からなので、未だ対象外です。

コースは綺麗に冠雪して見えますが、所々にブッシュが覗いています。
Ski171230f.jpg
判り難いですが、写真の下の方。
まぁ、恐羅漢やミズホとは降雪量が違うので、仕方ないでしょう。
雪面はガチガチ。日中気温が上がるので、仕方ないでしょう。
Ski171230g.jpg
天気が良いので、気分は良いです。はい。
高速バーン(笑)なので暴走しない様にエッジ強めで滑ります。
いやぁ〜、それにしても
Ski171230h.jpg
人がいない。 本当、大丈夫か。
ブーツの具合が悪く、3本滑ったところで調整を兼ねて休憩。
この、Dalbello DRS110。
昨年のベルシロ閉店セール(閉店はなくなった様です)で購入。
北海道でシェイクダウンした際に「踝に痛みが起きる」ので、ベルシロへ相談に行き
クリスさんに「バックルの締め付けが緩いから、中で足が動いて痛くなる。」
と指摘され、結構強く締めたのですが、やっぱり踝が痛い。
更に締めてみると、血流が阻害される様で足が痺れて来ました。
うぅ〜ん。なんだか根本的に違う気がする・・・。
結局、第3バックルを少し緩めて再開します。
行き先は
Ski171230i.jpg
カケズです。
いやぁ〜、ここも人が居ない(笑)
雪も少し緩んで、いい感じになって来て、快調に飛ばします。
Ski171230j.jpg
で、いつもの小屋の写真。
しばらくカケズを続けます。
斜度40°(スキージャンプのジャンプ台と同じ)の
Ski171230k.jpg
坂落しも綺麗に雪が付いていました。(写真じゃ斜度が伝わらんか)
ユートピアコースを全開で、パノラマコースをクローチングで、を繰り返します。
踝は、やっぱり痛いです・・・。
で、おーひらペアリフトに乗っていて気が付いたんですが
Ski171230l.jpg
ヒノキの花芽がえらく多い事。
毎年見ていますが、こんなに花芽が目立つのは初めてです。
スギの後に植えられたヒノキが花粉をMax飛ばす時期に入って来つつあると言う事でしょう。
増えるぞ〜、ヒノキ花粉症。(ワタクシ既に発症済み)

残り時間も1時間を切り、踝の痛みも嫌になって来たので、そろそろ仕上げです。
Ski171230m.jpg
いつもの連絡通路を通り、おーひら尾根コースを抜けます。
中の谷コースは
Ski171230n.jpg
無圧雪で硬いうねりが続くのでパスします。
尾根を伝い
Ski171230o.jpg
検定バーンへ抜け
Ski171230p.jpg
おーひらのベースへ戻り、残り20分で終了です。

さても困ったブーツ問題。
取り合えず、Nordicaを延命させて痛みを回避するか。
スポンジパット買いに行こ。
posted by たま。 at 13:51| 山口 ☔| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

VEUROに乗ってみました。

11月の車検に合わせて取り付けた、 DUNLOP VEURO VE303
(あっ、当然今はスタッドレスです。)
使用感などを少し。

まず、現品ですが
Veuro171231b.jpg
ちゃんと日本製でした。
プレミアムコンフォートを選ぶ中で発売が一番新しい、ADVAN FLEVAを考えたのですが、価格.comの口コミでフィリピン生産と聞いて止めました。
プレミアムクラスなら、国産じゃなきゃね。
あと、日本メーカーに絞る中で、東洋タイヤは耐震ゴムの不正があったので除いています。
VRUROがREGNOより2年設計が古いのが気になりましたが、同じじゃつまんないのでVEUROに決めた次第。
2013年1月発売の製品で、長期在庫品に当たるかな〜、と危惧しましたが
Veuro171231c.jpg
2017年の39週目に作られた(購入1月前)非長期在庫品です。
意外と(失礼)売れている様です。
で、実際に使ってみた感想。
@ 騒音レベルは、REGNOが優る
A 乗り心地は、REGNOより柔らか(好みですね)
B ハンドリングは、VEUROが優る
C 燃費は、短期データーですが以下の通りです
Veuro171231a.jpg
REGNOが0.7%優るんですが、昨年の同時期だと2.3%劣るんですよね。
やはり、長期評価が必要です。
D ライフは5.5万kmを合格ラインにしましょうか。できれば6万km持って欲しいですよね。ダンロップはあれだけロングライフを宣伝してるんだから。(でも設計古いもんな〜。)
レガシィツーリングワゴン(BRG)との相性だと、今のところAとBでVEUROが優勢。
C、Dに遜色無ければ、次もVEUROになりそうです。
遜色、無ければね。


2017年も後1時間強で終わります。
みなさま、良いお年をお迎え下さいませ。

たま。
posted by たま。 at 22:21| 山口 ☀| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

Ski Log 2018 No.1

さぁてぇ。
寒い割に、すっかり出足が遅うなったが、ボチボチ2017-2018シーズンを始めようかの。

12/16
ミズホハイランドのオープンに合わせてシーズンインの予定じゃったが
前の日に受けた大腸内視鏡検査のせいで腹の調子が悪くてパスじゃ。

12/23
Ski171223a.jpg
寒気も中休みで、微妙な気温じゃ。まぁ夜明けまでにゃぁもち〜と下がるかの。
山陽道は言うに及ばず、中国道も
Ski171223b.jpg
雪がないの〜ぉ。
Ski171223c.jpg
浜田道でやっと日陰にちらほら。雪の具合が心配じゃ。
8時前に駐車場に入って
Ski171223d.jpg
前から4列目じゃ。優待券駐車場も入れての。
年々、減っとるんかのぉ。ウインタースポーツ人口。
準備を始めてふと気付いたんじゃ。
日焼け止めが無いのぉ。温泉セットごと忘れた様じゃ。
と言うか、着替えのズポンも忘れとるのぉ。
ふぉっふぉっふぉ。トシかのぉ。
そう言えば、ワシゃ〜ぁ朝飯は食うたかの。
さっきから、なんでこんな文体かと言うとじゃ。
今年から
Ski171223i.jpg
シニア券の対象になったんじゃ。
1日券が¥3,500也。安いのぉ。
ネタ振りが終わったんで、普段の文体に戻そうかの。

8:15のゲレンデは
Ski171223e.jpg
こんな感じ。
綺麗にグルーミングされ、雪面も硬くありません。
ゲレンデも空いてて言うことなし。
最初の1本だけ、プルークでポジションを確認します。
夏場、海にも行かなかったので、過去20年で最も運動不足な我がカラダ。
ビーチコースの半分で太股が張り始めます(笑)
でも、まぁ。
Ski171223g.jpg
2本目からは全開です。
だって、空いてるんだもん。
感覚が戻ってきたら
Ski171223h.jpg
バレー方面へ。
ビックモーニングは開いていますが
Ski171223j.jpg
無圧雪の為、クラスタです。
初日なので、無理せずリトルモーニングへ回避。
リフトから見るディアコースは
Ski171223k.jpg
意外と雪が付いています。
まぁ、行かないけど。 開いてないし。
3本滑ったところで、タタミコースがオープン
Ski171223l.jpg
すかさず突入します。
標高が低いので、アイスバーンが懸念されましたが、意外なことにサラフワです。
調子に乗って5本一気。
流石にヘロヘロになり、休憩のために山頂へ。
えぇ、山頂1ヶ所とゴンドラ乗り場の計2ヶ所しか開いていません。
しかも、がらがら。
今日、祝日だよね・・・。
休憩の間に
Ski171223m.jpg
ガスって来ました。
山頂コースは回避し、バレーサイドへ向かいます。
同じビックモーニングを下からですが
Ski171223n.jpg
山頂付近だけガスってます。
安全なタタミに向かいますが、休憩している間に疲労物質(乳酸ではないらしい)
が溜まったのか、すげぇ〜足が重い。 特に体の裏側。
雪も緩んで重くなってきており、何だか帰りたくなって来ました。
何せ、半日券より安いシニア券ですから。 すぐ、元が取れちゃうし。
Ski171223o.jpg
気力を振り絞り、滑走距離が30kmを超えたところでフィニッシュ。
岐路に着く為、山頂へ。
そう、帰りはスカイライン → チェスナット。
足がつらない様に、そぉ〜っと行きます。
Ski171223p.jpg
途中、2回太股のストレッチを行ったものの、吹っ飛ぶことなく無事麓へ。

着替えを忘れたんで、スキーウェアのまま、いつものスノーショップやすださんへ。
いつもの様に、先シーズンやらなかったメンテナンスをお願いします。
た 「こんちは。今年もメンテお願いします。」
や 「エッジも丸まってないし、滑走面のキズも無いので、ワックスのみでOKです。」
出費は、ホットワックス(機械)¥1,000也。
スキー客が少ない事に端を発し、中国地方のスキー場経営状況のディープな世間話を少々。
@ 大佐は女鹿平を経営するWOODONEが買い取った。恐羅漢と共通シーズン券になってるから、恐羅漢にもWOODONE資本が入ったんじゃないか。 → 経営安定方向
A マックアースの社長は、スキーレンタル屋から始めて、30を超えるスキー場を経営している。曰く、人工降雪機を使うくらいなら、経営しない方がマシ。
B ミズホのオーナー(外資の噂)も、設備投資する気が無く、今のゴンドラは保守部品が無くなったら動かさなくなるらしい。
C バレーサイドのレストハウスは稼働しないんじゃないか。動かしてもお弁当屋。
  (この噂は外れました。ホッ。)
などなど。
いえいえ、あくまで世間話ですから。

星野リゾートがミズホ買ってくんないかな・・・。
posted by たま。 at 22:49| 山口 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

REGNO Final

11月。2回目の車検がやって来ました。
同じ車で2度も車検を受けるなんて、人生で初めてです。
(年間5万km走行じゃぁ売り物にならんもんな・・・。)
で、ついでにタイヤも新品に交換しました。
走行距離は、なんと58,500km
5万km持つかなぁ〜。と思っていましたが、超えてきました。
てか、本当はまだ5千kmは行けそうだったんですが、サイドウォールに
Regno171125c.jpg
こんな傷があるので、車検が通らないので、諦めました。
でも、この傷。交換後5千kmぐらいで付けちゃったもの。
暗闇で石か何かの角に当てたらしくて、結構深くペロ〜ンと剥けてます。
1本だけ買い換えようかと思いましたが、何かもったいないので、ゴム用接着剤で補修しました。
ええ、パンクの修理もゴム用接着剤ですから。
接着面をエタノールで良く拭き、透明タイプのゴム用接着剤で接着し、24時間硬化。
当初、「高速でバーストするんじゃないか。」と、おっかなびっくりでしたが、慣れました。
6ヶ月点検でもメカニックにばれず(流石透明タイプ!)、8月の車検前確認で
少し剥がれ初めていてバレました。

で、REGNO GR-XIの総合成績(?)は以下の通り。
走行距離:58,500km(スリップサインまで3o残り)
平均燃費:13.88km/L(総使用距離/総使用燃料)
最高燃費:16.40km/L(230km走行時)
最低燃費:11.91km/L(220km走行時)
正直、ここまで燃費と距離が稼げると思っていませんでした。
ちなみに、昨年のREGNOネタに沿ってグラフ化するとこうなります。
Regno171125a.jpg
対POTENZA S001比、4.8%の燃費改善。
ガソリンの量だと、204Lになり、¥29,580の節約です。
寿命が倍な事を入れると、¥117,580に上ります。
ちなみに、燃費の季節変動はと言うと
Regno171125b.jpg
こんな感じ。
季節傾向は同じですが、今年の方が明らかに燃費が良い。
やはり、一番燃費に効果があるのは、乗り方の様です。(笑)

で、新たに交換したタイヤは・・・ DUNLOP VEURO VE303 です。
Regno171125d.jpg
ブリジストン以外のタイヤは、なんと初購入です。
現在、REGNO同様データ収集中。スタッドレスに交換したら、第1報しようかなと。
さあ、新たな選択は吉と出るか、凶とでるか!

凶はやだな・・・。
posted by たま。 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする